主人公のユニット性能・育成法を考察する

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

主人公(ベレト/ベレス)のユニット性能・育成法について書きます。

主人公のユニット性能

  • 個人スキル「師の導き」:自身と隣接する味方の入手EXP1.2倍→「師の導き+」で、”戦闘中に与えるダメージ+2″が追加
  • 「炎の紋章」:稀に与えたダメージの30%回復、ごく稀に威力上昇・敵の反撃不可
  • 得意:剣術、格闘術、指揮
  • 苦手:なし
  • 才能開花:信仰

FE風花雪月主人公

長所

①剣術での戦闘性能

天帝の剣は「射程1-2」というだけで強い。

EP10で覇剣となってからの戦技「覇天」に至っては、威力必殺・武器消費値のいずれも優秀です。

剣術Aで習得する「風薙ぎ」は、敵が反撃不可。高難度プレイではこれを頻繁に使っていくことになります。

②隙のない技能・能力傾向

物理戦闘に必要な能力(力・速さなど)は概ねよく成長します。特に力が強い。

技/守備の成長が鈍ると命中/防御で困ったりもしますが、この点は騎士団で補えば済む話。

戦闘経験をたくさん積むことになるユニットなので、指揮Lvに悩むことはないでしょう。

③全ユニットと支援発生

ひょっとしたらこれが一番の強みかも。

仮に技が低かったとしても、複数ユニット間で連携を絡めていけば命中は高く保てます。

回避値についても同じで、副官を使っていけばさらに安定性を高くできる。(ちなみに、副官で威力UPを与えられるのはエーデルガルトディミトリクロードフレンユーリス)

序盤のうちは支援が充実していないので微妙ですが、終盤に近づくほど主人公の強さは覚醒します。

短所

ユニット性能というか、育成面での欠点が2つ。

①技能EXPを稼ぎにくい

主人公自身は個別指導を受けられないので、技能EXPがなかなか貯まりません。

「Lv20になったけど受験できる上級職がないです」っていうこともたまにあるかも。

②スカウトに縛られる

生徒スカウトを成功させるには主人公の技能を鍛えないといけません。ローレンツなら理学、イングリットなら飛行……など。

主人公にとって相性の悪い技能がスカウト項目だと、その分だけ育成の効率性を損なうことになります。

主人公が理学(ローレンツ/シルヴァン/リンハルト)を鍛えても戦闘ではほぼ役立ちませんし、馬術(マリアンヌ/ペトラ)とか正直きついです。

主人公の育成

以上を踏まえ、主人公の育成について。

メイン武器

どの兵種で戦うにせよ、まずは剣をメインに据えるべき。天帝の覇剣と風薙ぎが強いです。

歩兵で育てるなら格闘も使っていきたい。あと弓Dにして「曲射」を覚えておけば何かと便利。

おすすめ経験兵種

<剣+格闘路線>

剣・格闘↑を活かした育成。ニルヴァーナの兵種得意技能でもあります。

・剣士
・盗賊/(ブリガンド・アーチャー)
・ソードマスターorアサシン/バトルモンク,バトルシスター
・ニルヴァーナ

バトルモンクの兵種マスターで「格闘回避+20」を得られるので、主人公はより強化されたといえます。

主人公を回避特化で育成するなら飛行兵もOKですが、騎士団の柔軟さなども含めればこっちの方が強い。

<飛行路線>

男性だとペガサスになれないので、飛行路線なら女性にするのがオススメ。

・剣士or兵士
・盗賊/ペガサスナイト/(ブリガンド)
・ソードマスターorアサシン/ドラゴンナイト
・ニルヴァーナ
・ファルコンナイト/ドラゴンマスター

飛行兵に必要な槍・斧・飛行はいずれも得意技能でないため、育成に手間がかかります。

騎士団

<鍛えたい能力>

  • 物攻/回避
  • 命中/防御/必殺

指揮B/A騎士団の中から、主人公に向いているものを羅列します。

<指揮B>
エーギル星騎士団・ブリギット猟兵・ゴーティエ騎士団・ガラテア天馬隊・レスター傭兵団・ゴネリル戦姫隊・私兵団 ”狼の牙”

<指揮A>
黒鷲天馬隊・金鹿英弓隊・金鹿飛龍隊・キッホル竜騎兵団・インデッハ剣戟隊

育成例

FE風花雪月主人公

FE風花雪月主人公

FE風花雪月のユニット評価:セイロス聖教会編

FE風花雪月主人公
最新情報をチェックしよう!