「ローレンツ」のユニット性能を考察。【FE風花雪月】

こんにちは、Spicaです。

ローレンツのキャラ情報をまとめていきます。

 

  • 名門貴族
  • 言動はアレだが根は真面目
  • 複数の女性にアプローチしている
  • 成果は芳しくない

これはまさしく、ヴィオールさんの再来ですね……間違いない。

FE風花雪月ローレンツ

ヴィオール「貴族的にね」

 

ローレンツのプロフィール

ローレンツ=ヘルマン=グロスタール

CV:渡辺紘

  • 伯爵家の嫡男。名門貴族の誇りを持っている。
  • 「グロスタールの小紋章」を持つ。
  • 趣味:クロードの監視、詩を書くこと
  • 好きなもの:紅茶、赤い薔薇、芸術品、美しい女性、貴族に相応しい言動
  • 嫌いなもの:テフ、不正、汚いもの、臭いもの、下品な所作、下品な話題

クロードの監視が趣味。ストーカーかな?

言動をうざいと感じることも初見ではあるかもしれないけれど、支援会話を進めたり、外伝を経験すると普通にかっこいいキャラだとわかります。

 

ローレンツ:5年後の姿

FE風花雪月ローレンツ

実家のグロスタール家は親帝国派の筆頭となり、反帝国派のリーガン家らとは対立。

それでもローレンツは仲間たちと合流。行動を共にすることに。

FE風花雪月ローレンツ

士官学校編では「貴族の責務」という発言が嫌味ったらしく聞こえていましたが、成長した彼の口から聞く「貴族の責務」には、確かな誇りと強さが感じられます。

普通にかっこよくなった。

FE風花雪月ローレンツ

 

 

ローレンツのユニット性能

  • 個人スキル「名門貴族」:騎士団を配備中:与ダメージ+2
  • 「グロスタールの小紋章」:魔法攻撃時、稀に威力上昇
  • 得意:槍術、理学、馬術
  • 苦手:格闘術
  • スカウト条件:魅力、理学

「名門貴族」は汎用性の高いスキル。騎士団が全滅しないように気をつけてさえいれば、安定して火力増強を見込める。

スキルは優秀なのだけど、ステータス面がなんとも微妙。

FEE風花雪月ローレンツ

FE風花雪月ローレンツ

器用貧乏なユニット。(ローレンツには悪いけど)

物理・魔法・速さのいずれも「そこそこ」伸びる。魔法特化ではリシテアに到底敵わないし、物理特化ではレオニーに全く敵わない。HPは高め。

敵兵として登場するときはソシアルナイト(パラディン)になってるが、騎兵で育成し続けると速さが伸び悩むので厳しい。

自身の外伝クリアで入手できる「テュルソスの杖」はとにかく便利で、これを持たせれば魔道士として戦いやすくなる。

(リシテアに持たせたほうが断然強いですが)

 

FE風花雪月ローレンツ

理学をA+まで伸ばしてみたものの、習得する黒魔法が何とも微妙。

パラディン+魔道士系を習得させ、戦闘マップに応じて臨機応変に活躍させるのがベストな気がします。

ただダークナイトにするだけなら、ハンネマンのほうが優秀です。トロンがあるので。

 

ただ、戦技「氷槍」(魔法攻撃、自身の技で威力UP)を使ったときの火力には目を見張るものがあります。魔力と技が伸びやすいユニットなので、強みを存分に活かせる。

FE風花雪月ローレンツ

パラディンで「槍の達人」込みで氷槍を振り回すってのも、シンプルながら強いです。……ひょっとしたら、これがローレンツのベストな使い方かもしれない。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!