セテスのユニット性能を考察する【FE風花雪月】

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
FE風花雪月をまだまだ絶賛プレイ中です。Peingで質問箱もやってます。

セテスのユニット性能について書きます。

 

セテスのプロフィール

FE風花雪月セテス

  • レアの補佐を務める男性。冷静・厳格な人物で主人公にも当初は訝しげ。妹・フレンを溺愛している。
  • 「キッホルの紋章」を持つ。
  • 趣味:フレンを見守ること、寓話の創作
  • 好きなもの:フレン、セイロス教、勤勉な者、釣り
  • 嫌いなもの:フレンに害をなす者、セイロス教の敵対者

 

セテスのユニット性能

  • 個人スキル「過保護」;隣接する女性の味方の戦闘時、味方の与ダメージ+3
  • 「キッホルの紋章」:戦技使用時、たまに相手は反撃不可
  • 得意:剣術、槍術、斧術、指揮、飛行
  • 苦手:馬術

FE風花雪月セテス銀雪

黒鷲(紅花)を除く全ルートで、EP12から加入。初期兵種はドラゴンナイト。

加入直後から戦闘に出せるほどの性能を持ち、能力成長も悪くない。戦闘難易度が大きく上がってくる第一部終盤からの”頼れる助っ人”と言えるユニット。

 

初期で槍/斧/指揮レベルが高く、力・速さ・守備もなかなか、さらに需要の高い「守備の応援」を覚えている。活躍できない理由を探すほうが難しい。

 

「キッホルの紋章」の発動確率はそれなり。「たまに」と書れているが、結構高い。小紋章を持つフェルディナントよりも頻繁に発動する。

 

槍と斧、どちらをメインに使うにしてもドラゴンナイト→ドラゴンマスターで(基本的には)問題ない。

ただ、槍メインで行くなら頑張ってパラディンにCCしたほうが強い。使い方はフェルディナントと同じで、連撃を振り回すだけ。

馬術↓適正があるのが難点だが、ソシアルナイトを初期で持っているので馬術C〜C+くらいにはできる。パラディンへの成功率50〜60%を確保できれば充分。

仮に成功率40%程度でも、資格試験にチャレンジする価値はある。パラディン連撃があまりにも強いので。

 

エーデルガルト+ヒューベルトが抜ける銀雪の章なら、スタメン入りはほぼ確実。(EP13で強制出撃)

青獅子・金鹿でも、主人公+生徒9人(フレン込み)しか育成していない場合はセテスを出撃させるのがスムーズ。戦力的にも申し分ない。

 

育成例

聖人像を強化して馬術EXP+を付けていれば、パラディンへのCCはさほど難しくないです。

FE風花雪月セテス

FE風花雪月セテス

ドラゴンマスターで「連撃」してもいいのですが、斧の達人がありながら槍メインで戦うのは何となく決まりが悪い(個人的イメージ)。

繰り返しになりますが、パラディンでの連撃はかなり強い。ルナティックでも剣士・魔道士・ペガサスを確殺できます。保険として命中強化しておくと安心。

FE風花雪月セテス
最新情報をチェックしよう!