引継ぎなしプレイでの聖人像強化

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

攻略を快適に進めるために不可欠な「聖人像強化」について、ポイント等を書いていこうと思います。

引継ぎなしでは名声値の管理が重要

引継ぎありでひたすら周回プレイしてると名声値が10万とかいくので、攻略がかなり楽になります。

一方で引継ぎなしの場合は限られた名声値をどう配分していくかが重要な選択要素に。

ノーマル/ハードであれば極端な話「聖人像スルー」でもクリアできるでしょうが、ルナティックだとなかなかそうもいかない…。

散策で発生する各種クエストもしっかりこなしていく必要が出てきます。ちょっとめんどくさいですが。

アビスでの新要素

「祭壇」を使うことで、素材⇆名声値変換が可能となりました。逆に、名声値を武器/道具と交換することもできる

回避の指輪など強力なアイテムは2,000Ptとか消費するのでさすがに厳しいですが、地下試験パス(750Pt)あたりは狙っても良さげかと。

ただ、アビス組4人をスカウトすれば地下試験パスは4つ確保できるのでそれで事足りることも多いです。

また、「顔役」に名声値を払うことでアビスでの新サービスが追加されますが、それよりは聖人像強化を優先した方が良いでしょう。

聖セスリーン

FE風花雪月聖セスリーン像

「兵種経験値+1」が最大の特徴。真っ先にここまで強化しておくのをお勧めします。

中級職での兵種マスタースキルには優秀なものが多く、ルナティック第一部中盤は「いかに早く兵種マスターするか」が肝になってきます。

メイジ/ブリガンド/アーチャー/ペガサスナイトあたりの兵種マスターは特に重要。

後半にある「槍術/信仰+2」の優先度は、軍編成と相談で。

 

なお、全ての聖人像はいったん「経験値+5%」まで強化しておくと良さげです。聖人像が解放される頃でもそこまでは強化できるはず。

聖キッホル

FE風花雪月聖キッホル像

「飛行+2」と「指揮+2」が特徴かと。

ペガサスやドラゴンナイトを用意する上で飛行+2があるとかなり便利です。飛行Bで習得できる「警戒姿勢」を早めにGETする上でも重要。

 

第二部からの戦いは、各ユニットが配備できる騎士団の数を増やすことでだいぶ楽になります。

指揮↓のユニットはまぁ仕方ないとして、それ以外のユニットは早めに指揮Bに持っていきましょう。指揮Cと指揮Bでは騎士団の性能が段違いです。

聖マクイル

FE風花雪月聖マクイル

馬術はそれなりに上げにくい技能なので、こちらも最速で上げましょう。

ソシアルナイト/パラディンは使わないこともあるかもしれませんが、特級職のヴァルキュリアが優秀なため、馬術を上げやすくしておくことは大切。

後半の「剣術/理学+2」もそれなりに重要ではあるものの、個人的にはキッホルの「指揮+2」を優先させたい。

聖インデッハ

FE風花雪月聖インデッハ像

「弓術/格闘+2」は、他の聖人像を強化してからの更新でも良いかも。

第一部終盤から第二部序盤にかけては名声値が枯渇気味になるため、キッホル/インデッハを優先で良いと思います。

 

ちなみに「経験値+10%」と「上限+5」は引継ぎなしプレイならスルーしてもOKです。

名声値に余裕があればさらに強化しても良いですが、「祭壇」でアイテムと交換したほうが攻略が楽になる気がします。

FE風花雪月聖人像強化
最新情報をチェックしよう!