FE風花雪月の戦闘・難易度についてレビューする

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
FE風花雪月をまだまだ絶賛プレイ中です。Peingで質問箱もやってます。

 

発売から2ヶ月ほど経過し、作品への点数付け・レビューもまとまってくる頃だと思います。

風花雪月のストーリー(全ルート)については別の記事で軽く触れたので、今回は戦闘システムについて自分の感想を書いていきます。

 

 

全体の難易度について

「引き継ぎなし」でのプレイに限定して書きます。

引き継ぎプレイだとどんな条件下でも簡単になるでしょうし。

 

ノーマル:だいぶちょろい

難易度ノーマルには「行動力消費0のフリー出撃マップ」がありますが、これを使わなくてもだいぶ簡単です。

味方が強くなりすぎるのではなく、敵が弱い。

 

さすがに指示「おまかせ」で全てクリアできるわけではないですが(それだったら問題)、ある程度脳筋プレイでも突破できます。

 

とはいえ、初見プレイで戦闘に慣れていない頃は難易度ノーマルがちょうどいい感じでした。

計略と騎士団のシステムがよくわからなくて、とりあえずテキトーなものにしたり。スキル・戦技・騎士団と設定する項目が多いので、混乱してたかもしれない。

 

敵軍の中に計略持ちユニットが少ないのも、カンタンな理由の1つですね。動揺状態にさせられると、ユニットはかなり弱体するので。

 

ハード:良いバランス(システムを理解すれば)

初見をノーマルで遊んでみて、「なにこれヌルゲーじゃん」と感じた人も多いかもしれません。

数十時間くらいプレイして、戦闘システムのことがだいたいわかってくると、ハードでも通用します。

 

言い換えると、何も分かっていないサッパリな状態でハードに挑むと苦戦必至です。

EP2の赤き谷ザナドあたりで誰かしら死ぬでしょう。

 

FE過去作を遊んだことのある人であれば、初見ハードも難なく突破できたかも。

FEデビューの人だと、ハードはかなり苦戦したんじゃないだろうか。

 

難易度ノーマルをプレイした上でハードに戻ると、ちょうどいいゲームバランスになります。

超悩みながら攻略……というほどでもないし、思考停止プレイで爆進OK……というわけにもいかない。「ほど良く悩み、ほど良くサクサク」な難易度でした。

 

ただしこれはあくまでも「スキル・騎士団・計略などのシステムを理解している」という前提です。

計略の使い方が分かってくるとハードで上手く戦えるようになります。指揮Lvの重要性に気がつくと楽。

 

ルナティック:リトライ前提

 

「ノーマル・ハード間の難易度差」をとすれば、「ハード・ルナティック間」はくらいあります。

 

敵の能力値がイカれまくっていて、とにかく難しい。

 

攻守が高いってだけならまだ良かったのですが、回避も上がってるので運勝負せざるを得ない場面が多い。

敵の魅力値も高く、計略の精度が安定しない。(序盤のEP2〜EP6あたりまでは、計略を外したことによるリセットを何度も経験。連携を最大限重ねても不発がしばしば)

 

ルナティック攻略の記事で何度も書いてますが、増援が即行動してきます。ファルコンナイトとかが急に出てきて味方2,3人殺していくなんてこともザラにある。

増援が出てくるタイミングと能力値を把握するため、何回かリセット・やり直しすることは珍しくありません。(捨てプレイと言えなくもない)

 

なかなか追撃を出せないので、戦技の使用が多くなります。これによって武器消費が激しくなり、1マップごとにショップで装備整理してました。

金策は意外となんとかなる。追加のフリー出撃マップ(湖水とか平野とか)に通いつめれば大量のGを得られます。

 

敵の能力値やユニット配置をザッと見て「は? こんなの無理ゲーでしょ」と感じるけど、試行錯誤を重ねればきちんとクリアできるという…。

ある意味、物凄いバランスで難易度調整されてるなーと感じました。

 

 

 

 

各ルートでの難易度

自軍で使用可能なユニットを数えてみると、合計34人。

・主人公

・黒鷲/青獅子/金鹿生:8人ずつ、計24人

・教団、騎士団関係者:計9人

しかし当然のことながら、各ルートごとに“使用不可能ユニット”がいますね

 

これも考慮に入れつつ、各ルートの難易度をざっくりと振り返ります。

 

先に結論だけ書くと……。

難しい順に、「紅花>銀雪>翠風>蒼月」です。

 

①紅花の章

ダントツで難しいのは紅花です。間違いない。

 

まず、未加入ユニットの多さが特徴として挙げられる。

  • ディミトリ、ドゥドゥー
  • クロード、ヒルダ
  • フレン/セテス/ギルベルト/カトリーヌ/ツィリル

以上9名。

 

ディミトリ/ドゥドゥー/クロード/ギルベルトは1ルートでしか参戦しないユニットなのでまぁいいとして、フレンたちが揃って仲間にならないというのはきつい。

 

  • フレン→白魔法のラインナップと個人スキルが優秀。レスキューがすごく頼りになる
  • セテス→即戦力ドラゴンナイト。出撃数が増えるEP12以降でいきなり活躍できる
  • カトリーヌ→ルートによっては第一部中盤から加入。「初期ソードマスター、剣A、高速」と超優秀

ツィリルは育成がやや難しい面がありますが(良成長次第)、育てれば強いのは確かです。

味方にできるユニットの数が少ないというのは、それだけで戦略の幅を狭めます。

 

さらに紅花の章では戦闘マップの難易度も高めです。

  • 最初のマップ→ミルディン大橋(夜明けの追討戦より難しい)
  • 次のマップ→デアドラ(ガルグ=マク籠城戦よりずっと難しい)

最終節で挑むことになる「タルティーン平原→フェルディア」についても、同難易度の他ルートと比べて厳しさが段違い。

タルティーン平原とか、ハードでどれだけ悩んだか分からないです。詰みを覚悟しそうになりました。

 

②銀雪の章

ストーリー的には金鹿とかなり似ているのですが、戦力面で言うと大きな違いが出ます。

理由はシンプルで、級長がいないから。

第二部における級長は、専用兵種のおかげで超活躍してくれます。その級長がいないのであれば、難化して当たり前。

 

「最終決戦だけ」の難易度で言えば、金鹿よりは簡単かもしれません。でもやっぱり、級長がいないことによる戦力変動は大きい。

 

途中の攻略難易度も含めて考えれば、銀雪>翠風でしょう。

紅花専用ユニットであるエーデルガルトとヒューベルトはどちらも優秀です。この2人が外れた状態の自軍でストーリークリアするというのも、難易度を上げてるポイントかと。

 

③翠風の章

専用兵種を得たクロードが超高性能。ルナティックでは戦技「風神」にかなり助けられました。

「弓の達人+飛行で再移動」という強みが、ホントに痒い所に手が届く。

戦闘マップ自体の難易度でいえば銀雪も翠風も蒼月もさほど変わらないのですが、生徒の陣容で攻略のしやすさに差がある印象です。

 

④蒼月の章

ディミトリはクロードのように飛行兵ではありませんが、超優秀なのは同じです。

力・速さ・守備が高水準で、魔法に弱いくらいしか欠点がない。スキル「王の血統+」も強い。

 

青獅子の学級には近接戦闘に優れた生徒が多いです。幼馴染’sとドゥドゥーがそれにあたる。

魔法役はアネット/メルセデスと少ないですが、強制加入のフレンを使ったり、あるいはリシテアをスカウトすれば問題なし。

FE風花雪月死神騎士
最新情報をチェックしよう!