ローレンツの外伝クリアで手に入る「テュルソスの杖」が強い!

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

風花雪月の攻略を進める上で必須級のアイテムといってもいい、「テュルソスの杖」について解説。

エコーズでいうところの「魔道の指輪」にあたるアイテム。英雄の遺産のひとつです。

「テュルソスの杖」の必要性

魔法攻撃射程が+2されます。黒魔法でも白魔法でも闇魔法でもお構いなく+2。

各ユニットが理学S信仰Sで習得する「◯魔法射程+1」スキルと、勿論併用OK。

FE風花雪月リシテアテュルソス

魔道士兵種は移動力が乏しい=攻撃範囲が狭いので、魔法射程を伸ばすことは重要です。



テュルソスがないとどうなる?

テュルソスの杖がないことによるデメリットを紹介。

①敵弓兵の処理
→ほとんどのアーチャーやスナイパーは射程2-3であり、魔道士ユニットだと攻めにくくて仕方ありません。
射程1で仕掛けるなら問題ないですが、いつも接近できるとは限らないので。
テュルソス装備で射程1-4にしないと、特にスナイパーの処理が困難になります。もし射程1-5にできればボウナイトも倒せて強い。

②連携に参加しにくくなる
→射程の広さは、そのまま連携の参加しやすさに直結します。メティオやサンダーストームが連携という点において便利なのもこのため。

③敵の近接兵を削りにくい
→特にルナティックの場合、第二部の物理兵(ソードマスターとかウォーリアーとか)は一撃で倒すのが困難です。
ゆえに「間接攻撃で削ってから接近して撃破」という戦いが多い(間接攻撃で削るのは、まぁ基本中の基本)。
射程1-2とかだとどうしても削りチャンスが減ってしまうので、倒したい敵を倒しきれない……という事態が頻繁に起こるでしょう。

結果として、魔道士ユニットの性能がガタ落ちします。

魔法アタッカーならテュルソスの杖orカドゥケウスの杖をそれぞれ1体ずつ装備させるべき。(縛りプレイでもない限りは)

ローレンツスカウト

テュルソスの杖はローレンツ外伝で習得できるので、彼のスカウトは全ルートで必須となります。

引継ぎ無しプレイなら理学Lvと支援を上げてスカウトしましょう。

FE風花雪月ローレンツ

しかし、主人公が理学を上げても使う機会はそれほど多くないのがネック。

理学Cとかまで上げる必要はなくて、理学D+支援Bあれば充分です。

理学を教員研修で上げられるのはハンネマンとレアです。この2人からの教員研修は優先して受けておきたい。

紋章なしでも一応使える

テュルソスに限らず、英雄の遺産は「紋章なし」でも装備はできます。

ただし副作用があって、戦闘後に10ダメージ。EP5コナン塔でのマイクランがそれを実践してくれます。

ダメージを無視していくのであれば「紋章なしの魔道士ユニット」であるドロテアヒューベルト等にも持たせていいのですが……あまりお勧めはできません。

やはりリシテアコンスタンツェなどの紋章持ち魔法アタッカーに装備させるべきでしょう。

(ちなみに。初見プレイだと勘違いしがちですが、英雄の遺産は紋章一致でなくても使えます。グロスタール以外の紋章でもテュルソスは使えるのでご安心を)



ローレンツ外伝の突破

テュルソスを獲得できる外伝「金鹿の守る地」は、高難度だと少し難しいかもしれません。

ただ、ワープを使っていけば簡単。リシテア・リンハルトマヌエラあたりに予め覚えさせておけば難なく突破できます。

この外伝をクリアする上でローレンツの育成は不要です。金鹿ルートなら彼を育成することも多いでしょうが、他ルートならスカウトして放置でも構いません。

FE風花雪月ローレンツ
最新情報をチェックしよう!