「ニンテンドーカタログチケット」Switchソフト2本で9,980円!買うしかない

  • 2019年5月16日
  • 2019年6月12日
  • ゲーム

ニンテンドーが超お得なサービスを出してきました。

その名も、「ニンテンドーカタログチケット」。

任天堂発売のDL版ソフト2本が9,980円で買えるチケット

NintendoSwitch onlineに加入している方であれば購入可能で、

「任天堂から発売のSwitchソフトダウンロード版2本が合計9,980円でゲットできる」というものです。

ゼルダbotwとスマブラを定価で買うと15,000円くらいしますが、ニンテンドーカタログチケットで買えば9,980円。

今後発売されるソフトでもOKだそうです。カタログチケットの利用期限は1年間なので余裕ですね。

ちなみにニンテンドーカタログチケットの保有上限は「8枚」とのこと。あくまで「持っておく枚数の上限」です。

一度しか購入できないというわけではないようなので良かった!

Nintendo Switch Onlineは月額300円から

スマブラSPで入った人も多いかもしれない、「NintendoSwitch Online」。これに加入しなければ、ニンテンドーカタログチケットは使えません。

Onlineには月額300円から加入できます。

調べてみたところ、

  • ニンテンドーカタログチケットの購入時
  • チケットでソフトを引き換えするとき

この2つのタイミングでNintendoSwitch Onlineの加入が必要とのこと。下にスクショを貼っておきます。

なので、欲しいソフトを引き換えてGET、ダウンロードしたあとは、NintendoSwitch Onlineを解約してもOKということなのでしょう。

現時点で未加入の人からすると、9,980円+300円=10,280円が実質料金ということになるわけですね。

ただ、それでもカタログチケットがお得なのは変わりません。

Switchのソフトは7,000円以上するものもたくさんありますし。FE風花雪月だと「7,538円」みたいですね。

任天堂が本気を出してきた

2019年にNintendoSwitchでは有力ソフトがどんどん出てくる予定ですが、任天堂は一気に攻勢をかけてきましたね。

NintendoSwitchの新型も出るそうですから、このタイミングで更に普及させようという戦略なのでしょう。

どう考えても、「DL版2本が9,980円」はお得です。

DL版は中古として売れないというデメリットはあるものの、それを無視できるくらい価格メリットがでかすぎる。

これでFE風花雪月買います。任天堂ありがとう。

最新情報をチェックしよう!