「友達いないぼっち大学生」でも就活はどうにかなる

こんにちは。
大学4年間(正確には3年と半年くらい)をぼっち大学生として過ごしたSpicaです。

僕のぼっち大学生活については、何度かこのブログでも書いています。

就活の話題になるとよくこういう意見を目にしますよね?

「ぼっちだと就活詰むよ」
「就活は友達と協力してやれ」

みたいな。

こういうことを言う人は、周囲の仲間と助け合って就活をクリアしたのでしょう。

自身の成功体験をもとに「就活に友達は必須!」と語っているわけです。

……なら、僕が「就活に友達はいりませんよ」と語ってもいいですよね?

ぼっち大学生でも就活うまくいったんですから。ちゃんと内定取れたんですから。

あなたがぼっち大学生・友達少ない大学生であったとしても、何ら心配することはないです。

就活は個人戦なんですから!

就活の情報は一人でも集められる

大勢の仲間と協力して”就活情報”を共有し合うというのも結構でしょう。

しかし、だからといって「情報は一人じゃ集められない」というわけじゃない。

むしろ就活の情報は一人で集めることのほうが多いんです。

・インターンシップへの参加
・ネットでひたすら収集
・OBOG訪問(いまはアプリを通じて知り合える)
・就活イベントへ参加(Meetscompanyなど)

インターンシップに、友人と一緒に参加するんですか?
仲良しこよしで来られても、企業側が迷惑するだけです。

OBOG訪問に仲間を引き連れて「1対多」で臨むんですか?
ゾロゾロいてもかっこ悪いだけです。

就活は個人戦。

就活中はみんなぼっちなのが当たり前なのです。

友達と比較することで就活がストレスになる

就活は孤独な戦いなので、苦しみを共有できる同級生は大きな助けになるかもしれません。

しかしそれと同時に、学友がストレスの源泉になることも考えられます。

「あいつはもう内々定もらってる。自分はどうしよう……」

というストレスです。

もし同じ企業を受けたとして、

「あいつは最終面接まで行けたのに、自分は二次落ち。どうしてなんだ…」

という”妬み”のレベルにまで行ったらストレスはより強くなりますよね。

こういうストレスがあるので、就活の情報はあんまり共有しないほうがいいと僕は思っています。

「どこ受けてるのかわからないけど、お互い頑張ろうな」

くらいがちょうどいいんですよ。

ぼっちなら友達と比較してストレスになることもないので、ある意味楽です。

友達同士での就活練習に意味はない:実戦あるのみ

僕が就活生だったとき、「模擬面接」ってやつを何度か受けました。大学の就職支援課で行われるアレですね。

何度かやったんですが、模擬面接は意味ないです。緊張感が実戦と全く違うから。

模擬面接で意味がないのなら、友達同士でやる”面接ごっこ”にどんな意味があるというのでしょう。

模擬面接に10回行くよりも、実戦の面接を2回やるほうがずっと効果的ですよ。レベルアップの度合いが全く違う。

とにかく早い段階から、多くの企業で面接・面談を受けまくる。

これしかないです。

初期のうちは1次で落とされまくってもOK。僕もそうでした。

4回目くらいから、「面接の心持ち」が自分なりに掴めてきましたね。

話す内容も体に染み込んでくるようになりましたし、所作も自然とモノにできるようになった。

大学は「就活応援」と称して模擬面接を大々的にやってますが、アレに参加するよりも企業にどんどんエントリーして、面接にTRYしましょう!

「友達がいないから就活がうまくいかない」ではない

就活がうまくいかないのは、友達の有無が理由ではありません。

友達がいたら、面接でスラスラ回答できるというわけではないですよね。

飲みの席ではウェーイな人でも、面接は当然緊張するし失敗もする。

僕は飲みの席では超・隠キャですが、就活では割とよく話せました。

就活でもちろん失敗もしましたよ。「あのときこう返しておけば良かったなぁ」と後悔したこともあります。

「ぼっちだからダメなんだ」じゃなくて、

「どこがダメだったのか」を振り返っていきましょう。

シンプルなことです。

おわりに:ひとりで出来ることはたくさんある

まとめると、

「面接練習だろうと何だろうと、就活において友達は必須ではない」

ということになります。

普段は友達がたくさんいる人でも、就活中は孤独になったほうがいいんじゃない?とすら思います。

サークル経験・バイト経験の有無や友達の数は、直接は就活に影響しません。

「そこから何を話すか?」で成功につながるかどうかが決まる。

ぼっち大学生だって、話すネタはいくらでもありますよね。

趣味のこと
興味のあること
やりたいこと

それを話せばいいんです。

話すのが下手でも、面接に何度も行っていればうまくなります!

ド下手で恥ずかしい思いを初めはするかもしれないけど、確実に上達はします。

挑戦あるのみですよ!

最新情報をチェックしよう!