会社員生活がストレスだらけで正直ツライです。近々辞めるかも。

こんにちは、Spicaです。

きょう、会社をサボりました。

会社に向かう最中からストレスがもう凄くて、「今日の研修を乗り切れる気がしない」と思ってしまったんですよね。

それで、もう衝動的に「今日は休みます」メールを送りました。

建前としては「朝から体調が良くないので休みます」という風にしましたが、まぁ言ってしまえばサボり……ですよね。

朝から頭が痛かったので体調不良でないこともないのですが、後付けの理由という感は否めない。

ここ一週間くらいストレスまみれで本当に辛くて、「会社辞めようかな……」と考えるようになってきました。

今回は、僕の悩みについての記事です。

会社の何がストレスなのか?

僕は新入社員です。

会社員生活がストレスとの闘いだということは薄々わかっていたけれど、ここまで過酷だとは思いませんでした。

平日はずっとストレスまみれでした。本当に。

  • 毎朝、決まった時間に起き「ないといけない」
  • 決まった時間に出社しないといけない
  • 8-9時間ほど拘束される
  • 同期との付き合いも面倒
  • 研修が退屈すぎる
  • ランチタイムはどこも混んでるので安らぎがない
  • 疲れた体を電車の帰宅ラッシュが襲う
  • 明日の仕事の準備をしないといけない

総合すると、

  • 「自分の時間を持てない」
  • 「やりたくないことに長時間付き合わされる」

の2点ですね。僕のストレスの原因は。

とにかく、時間がないのです。これが辛い。

僕は今実家暮らしなのですが、ストレスを抱えすぎたせいか、両親に対しての接し方が若干投げやりになったりもしていました。

これは恥ずべきことですね。自分に余裕がないからといって他者にあたるのは愚かな行為です。

このストレス生活が何十年も続くのか?と恐怖

新入社員研修は、現場での仕事と比べれば何倍も楽でしょう。「受け身」でOKな訳ですから。

楽であるはずの新入社員研修中ですら、僕はこんなにもストレスを抱えてしまっている。

現場で仕事するようになったら、一体どうなってしまうのだろう?

しかも会社員生活は、一年で終わりというものではありません。

何も行動を起こさなかった場合、30年・40年、それ以上は働き続けなければいけない。
その期間ずっと、程度の差はあれど「ストレスまみれの仕事」に向き合わなくてはならない。

新卒で入社してからたった2か月でこんな疲弊しているわけです。30年も働いたら、自分はどうなってしまうのだろう……。

恐怖しかありません。

今日の通勤電車で、そんなこともぼんやりと考えていました。

「今日仕事に行くのが辛い。凄く辛い」
「来年の自分も、10年後の自分も、こんな感じで過ごすのだろうか……」

と。

大学のアルバイトですらストレスまみれだった

思い返すと、僕はアルバイトですらストレスまみれになってしまうような人間でした。

塾講師・倉庫のバイト、どちらもストレスまみれでした。

「ブラックバイト」ではなく労働環境としては普通の職場であったにも関わらず、当時の僕は毎日をストレス漬けで過ごしていました。

バイトがある日は当然朝からストレスだし、働いてる間もストレス。終わったら解放される。

じゃあバイトがない日が平穏かというとそうでもなくて、
「明日バイトか……」「明後日バイトか、嫌だな」とストレスに苛まれていました。

バイトが休みの日であっても、「次のバイトの日」が頭の中でどうしてもちらつくんですよ。

これが本当に苦痛でした。そしてそれは、新卒で就職した今も同じ。

金曜日の研修を終えて、土日を迎える。思いっきり休みをエンジョイしたいけれど、
「来週また仕事か……」と苦痛な仕事のことを考えてしまうんです。

ストレスから、逃れられない。どうすれば平穏になれるのだろう?

……多分それは、仕事を辞めるしかないのでしょうね。アルバイトを辞めて心がスッキリしたあの頃のように。

そういうことで「早く仕事辞めたいな」と思ったわけです。

ブラック企業ではないのにストレスだらけ

”新人研修でストレスまみれ、疲弊しまくってます”と書くと、「その会社はどんな研修やってるんだ?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

……至って普通の研修です。普通に、専門技術についての研修をやっています。ネットワークとか、Linuxとか。

ブラック研修の代名詞としてよく挙げられる「山にこもって集団研修」とか「社訓を全員で何十回も叫ぶ」というのはありません。

ここで重要なのは、

「ブラックでもない普通の研修なのに、自分はストレスまみれになっている」

という点です。

普通の研修でストレスまみれになるのなら、ブラック企業に行ったらお前生きてられるのか?というレベルですよ。

研修はしっかり定時で終わってますし、給与もちゃんと振り込まれています。何ら問題ない、普通の会社・普通の研修です。

つまるところ、僕は異常なほどに「会社員生活が合わない人間」なのかもしれません。

社会不適合者。間違いなくそうです。

ストレスのない生活を送りたい。

普通に会社員として生活をしていては、ストレスから逃れられないでしょう。

膨大な数の人間がビジネスというフィールドには存在してますし、

ヒエラルキー的に下っ端である僕(新入社員)に対して色んなストレスタスクが与えられるに違いない。

僕は自分の性格を大学時代から何となく理解していたので、「フリーランスになって、自分一人で完結する仕事をしたいなー」と思っていました。

行動に移すのはあまりにも遅かったですが。(このブログも大学4年になってから始めた)

「ストレスから逃げるな」と言われたっていい。無視します。
「ある程度のストレス耐性も必要だ」なんて意見、知るか。

僕はストレスの少ない生活を送りたいのです。

そうしないと、自分の幸福を掴めない気がするから。

そのために、まずは今の会社を抜け出したい。

半年くらい経ってから辞めようかな、と考えていましたが、今回めっちゃ辛い気分になったことを受けて、「もっと早いうちに辞めようかな……」と考えるようになりました。

「とりあえず3年働け」なんて絶対嘘だ。ストレスで死んでしまう

石の上にも3年、とよく言いますが……。

もしこれを頑なに信じて実行したら、僕はきっと廃人化しているでしょう。

  • 会社員生活のストレスにすっかり染まりきって「ストレスまみれ」が常態化。
  • 収入はそこそこあったとしても、ストレスが常に側にあるため、精神的安息を得られない生活。

もし何も考えずに会社員として働き続けていたら、そうなるんじゃないでしょうか。僕は。

会社での生活が”水を得た魚”のごとくハマった人はそれでいいのだろうけど、

僕のように「会社にとにかく合わない、不適合者」な人間は絶対に3年も働くべきじゃないと思うのです。

だって今の僕は、「3ヶ月」続くかどうかも怪しい状況ですから。

この記事をリライトする頃には、既に会社を辞めているかもしれません。

最新情報をチェックしよう!