今年のセゾン投信・つみたてNISAを振り返るよ。

  • 2018年12月31日
  • 2019年4月14日
  • お金

今年ももうすぐ終わりですね。

最後の一日くらいはきちんと更新しておこうかなぁと思いまして、例によってセゾン投信の定期報告といきましょう。

12月の後半は株式相場がめっちゃ下落してましたね。「日経平均2万円割った、やばいね」って相当ニュースで叫ばれてましたよね。




「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の損益推移

じわじわ上がったりじわじわ下がったりするのが、ここ数ヶ月のバランスファンドの様子だったんですが、さすがにこの間の下落のダメージは凄かった。

バランスファンドでマイナス3,000円を見たときはさすがに焦りました。

債券に半分投資しているのだから、不調時でもある程度のパフォーマンスは保ってくれるだろうと期待。今が下げ幅のピークになってほしいですね。

「セゾン資産形成の達人ファンド」の損益推移

この推移を見ると、達人ファンドのハイリスクハイリターンっぷりは凄まじいですね。去年はずっとプラスだったのですが、うまくいきすぎだったか。

なんとかマイナス1万円は回避。新年に入って早々マイナス1万円なんてのは見たくないので、ゆっくりでいいからマイナスを少しでも戻してほしいところ。

次の三ヶ月でマイナス2000円くらいに戻したら素晴らしいと思う。

損益合計と利回りの推移

おまけで、2つのファンドの損益合計と利回り(損益/元本)を出しときます。

損益合計はマイナス12,000円を突破。利回りはおよそ-8%でした。

僕のようにまだセゾン投信を初めて日が浅い人の中には、「なんだこの損失!解約してやるわ」と思った人もいるかもしれない。

一旦積立を始めた以上は、こういう時もあるよなーというつもりでいた方がいいかもです。今解約したら1万円損失確定でフィニッシュになってしまいますしね。

セゾン投信からメールが届く

基準価額が大きく落ちていたタイミングで、突然セゾン投信からこんなメールが届きました。

「いつもセゾン投信をご愛顧いただきありがとうございます。

12 月に入ってからの株式市場の大幅な下落を受けて、当社が運用する 2 つのファンドの基準価額も大きく下落しております。

つきましては、現在のファンドの状況と今後の運用方針についてご説明させていただきます。

引き続き、受益者のみなさまにおかれましては、長期的な視点での投資のご判断をお願いいたします。」

これに加えて、ファンドの状況と今後の運用方針を示したページのURLが添付されてました。

その情報によると、「バランスファンド」の基準価額は11月末と比べて-6.5%、「達人ファンド」の基準価額は同じく-11.1%だったとのこと。

バランスファンドは債券:株式=50:50の投資なので、これでもまだ損失を少なめに抑えられている方なのでしょう。

達人ファンドの方はものすごいですね。まだ元本が10万円台なので損失も小さく見えますが、更に元本が膨らむとダメージも大きくなってそうだ。

株式暴落による被害を減らすには、兎にも角にも長期投資をしていくしかないのでしょうね。

10年は軽く我慢するつもりで積立していきたいと思います。

最新情報をチェックしよう!