サイト運営者の紹介

『SpicaBlog』へようこそ。

このページでは、「あなた誰?」「このブログって何なの?」についての紹介を書きました。

随時更新していくと思います。

あ、ちなみに長いです。気になるところだけ読んでいただければ大丈夫ですよ。

ざっくりとした経歴

関東地方に誕生。

地元の公立小中学校を卒業後、県内の公立高校へ進学。

高校卒業後、大学受験のため一年間浪人生活。

2019年3月、大学卒業。友達は極めて少なく、大学内ではぼっち同然。大学外には何人かいました。

4月、都内のIT企業へ新卒で入社。しかし2ヶ月で退職。会社勤めは苦痛すぎた。

ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたきっかけを書きながら、自分の人生の中にあるエピソードをて交えていくとしましょうか。

物書きに目覚めた小学生

ブログというのは、シンプルに言えば記事を書いて投稿する場所。

何か文章を書いて情報発信してみたいな〜という願望が僕の根底にはありました。

小学校高学年くらいの頃、物書きに目覚めました。物書きといっても、「文字だけの落書き」と言った方がいいかもしれない。

手近にあったノートや、場合によってはパソコンを使って、自分の頭の中にある考え・世界をとにかく文字で表すのに突如ハマったんですよ。

結果としてそれがフィクションのストーリーになることもあったし、日記風になることもあった。

ネット上のどこかにある物書き掲示板で小説を何本か書いてみたこともありましたよ。あの頃は「こんなの見られて恥ずかしい……」という意識がなかったらしい。

その掲示板まだ残ってるかな?と思って探してみましたが、見つからなかった。ちょっと寂しい。

物書きが好きといっても、「小説家になりたい」等の考えは全くなかったと思います。

適当に浮かんだ妄想を、ひたすら文字で表現していた。

そのせいか、周囲の同級生と比べて文章力は磨かれたような気がします。思わぬ副産物ですね。

SSをたくさん書いていた中高時代

小6で既に何かしらのストーリーを書いていましたが、中学に上がると、それは「SS」に専ら特化するようになっていきました。

「SS」はショートショートだとかショートストーリーの略と言われていますが、ネット上では殆どの場合「二次創作の小説」のことを指します。

自分がハマったゲームやアニメのキャラクターを頭の中で思い描いて、「こういう行動させてみたら面白んじゃないか」というのを、どんどんSS化して書きまくった。

小6の頃は掲示板に投稿していましたが、中高では一度もそういった投稿はしていなかったと記憶しています。

とりあえず書いてみて、自分で眺めたり読み返したりするだけで、だいぶ満足していた。まぁ「公開するのが恥ずかしい」という思いもあったんですけどね。

自分のノートパソコンを持つようになってからは執筆ペースに拍車がかかって、SSを書いたWordファイルが大量に溜まっていきました。今もその残骸が微かに残ってます。

高校ではアニメやラノベにハマるようになり、その分いろんなSSを書いてましたね。

SSは専ら2chやpixivで盛んだったので、自然とそっちにも詳しくなった。まとめサイトを見るのにハマりだしたのも、ちょうど高校時代から。

部活動は嫌いだった

学校生活と言えば部活がイメージされますが、僕は部活動というのがあんまり好きじゃなかった。

中学では副部長をやったりしていたのだけど、当時から「責任ある立場に身を置く」のが苦痛で仕方なかった。

自分の行動を律するのは好きだけど、チーム・組織を律するのは嫌だったんですよね。そこまで関心を向けたくなかったのかもしれない。

中学3年間の部活経験で嫌気が差した僕は、高校では帰宅部を選んだ。

帰宅部だったら勉強や趣味に時間が割けそうだったのと、高校が家から1時間くらいかかるので、部活やってクタクタな状態で帰るのが嫌だったからです。

高校はダラダラと快適に過ごす

高校3年間は帰宅部連中とずっとつるんでましたね。勉強はだいぶ真面目に頑張ってましたが、高校2年の半ばからだらけ始めて、それが積もり積もって現役での受験は失敗。

実をいうと、センター試験1日目を終えて寝ようかという枕元で、スマホを使ってSSを書いていました。辛いことがあると妄想に逃げたくなる性格になっていたのかもしれない。

でも、高校3年間は自由でとにかく面白かった。そのあとの浪人生活はストレスに苦しむことも多々あったけど、まぁなんとか乗り切れた。浪人中も相変わらずSSは書いてました。

大学生活が始まる

一年間はサークルに入ってましたが、後半は半ば幽霊部員。

人付き合いがちょっとダルくなっていた僕は、サークルも抜けてぼっち大学生となりました。

大学の外には地元の友人・高校時代の仲間・交際相手がいたりしたので全く寂しくなかった。「大学は講義だけ受けてあとは自由」というスタイルで毎日を満喫し始める。

他の人から見れば、さぞ怠惰な大学生と映ったことでしょう。

でも僕は、とにかく楽しかった。

一人で好きなことに没頭する毎日が、心の底から楽しかった。

就活を終えてブログスタート

大学に入ってからも、何かの物書きをするのは好きでした。

でも高校時代のようにそうたくさんSSを書くことはなく、「自分の中の考え」「社会はこうあったほうがいい」的な内容のものが急に増えていきます。

大学4年で就活を終え、とにかく暇になったところで、「大学生活の思い出作りに、ブログでもやってみようかな」と思い立ちました。

どうせ1ヶ月も続かんだろうと心のどこかでは思っていたんですよ。結果的には楽勝で続いているわけですが……。

今では、「なんで一年生の時からブログをやっておかなかったんだろうか」とすら思える。

一人が好きなんだけど、ネットでは繋がっていたい

外に出て大勢の人と交わるタイプとは、僕は正反対です。

少人数・あるいは一人が好きで、静かに過ごしていたい。

ギャーギャーうるさい空間を忌避して、喫茶店やネットカフェに立てこもるのが好き。自宅が最高の癒し空間。

そういう性格の、生粋の「一人大好き人間」です。超人見知りですしね。

だけど、ずっと一人で過ごしていると、やっぱり少し寂しいなぁと感じたりするわけですよ。人間は孤独では生きていけないんでしょうね。ふとした時に、周囲からの反応を受けたくなる。

なので、僕にはネットが欠かせない。SNSやブログを通じて、「今こう思っています!僕の意見はこうだ!見てくれ!」と発信するのが快感で、生活必需品になってる。

安心できる友人と遊びに行くのも楽しいけど、そう頻繁に会ってたら疲れるしね。

一人の時間を10としたら、誰かと過ごす時間は1でいいと思ってます。

ブログ投稿で快感を得ています

閲覧数があんまり伸びなくても、ブログやSNSを投稿するだけでちょっと気持ちいい。

頭の中にあるモヤモヤ・伝えたいことをどうにか文章に表して、ネットという広大な海に放り投げる。誰かが拾ってそれを見てくれる。嬉しいことに、いいねをくれたりもする。

これからも続けていきますよ。

(2019/5/2加筆)ブログ10,000PV突破しました!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

4月の後半に、かねてより目標(というより願望)だった「月間10,000PV」を達成しました。

PVとは「ページビュー」のことで、ざっくり言うと、

このブログは月に1万回アクセスされましたよ!

ってことですね。

ここまで来れたのも、皆様のお陰です。

趣味として楽しみながら書いているブログが多くの人に読まれているだけで、とても嬉しいです。

今後とも更新を続けていきます!