Macbook購入するも……Pages・Numbers・Keynoteのアップデートができない?

ずっと買おうかどうか迷っていたMacBook Airをついに購入しました。

もっとお金に余裕があったらProにしたかったのですが、こればかりは仕方ない。

安いノーパソで妥協するくらいなら、AirであってもMacBookを欲しかったのだから。

実際に購入して色々セットアップをやっていったのですが、

 

アップルの初期アプリであるPages・Numbers・Keynoteがアップデートできないというトラブルに直面しました。

 

MacBookのAppStoreからアップデートしようとすると、以下のようなテキストが出てしまいました。

このアップデートは他のユーザによって購入されたか、あるいはアイテムが返金・キャンセルの対象となっているため、この Apple ID で利用できません。

はて?

他のユーザーによって購入……なんのこっちゃ。

 

ネットで調べてみると、似たようなエラーメッセージとして、

このapple idでは利用できないアップデートです

というのもあるとか。

 

この記事を書いている段階では既に解決済みなのですが、地味に悩んだ問題でもあったので、ちょっとまとめてみようかなと思います。

 

「他のユーザーによって購入」ってなんなんだ

僕は長いことiPhoneを使っていたので、既にApple IDを持っていました。

今回MacBookを買ってセットアップするにあたって、そのIDでサインインして色々と設定を進めていったわけです。

同じApple IDでサインインしてるんだから、
さっきの文章で「他のユーザーによって購入された」っていうのはちょっと意味がわからない。

端末は違っても、ユーザーは僕しかいないじゃないか……。頭沸いてるのか、この文章は!(無意味な怒り)

「アイテムが返金・キャンセルの対象となっている」とは??

 

他のユーザー云々を考えてもわからなかったので、

「アイテムが返金・キャンセルの対象となっているため」

に着目してみました。

 

着目してみたのですが・・・

こっちの方が、更にわからない。

アプリケーションが返金キャンセルの対象となっているってことは、そのアプリのサービスが終了してしまってる、という解釈でいいんですかね?

稼働終了したゲームアプリ、とか。

 

しかし、今回僕がアップデートしたいアプリはPages・Numbers・Keynoteの3つ。

いずれもアップルの初期アプリ、純にアップルが出してるサービスですよ。

そんなアプリが返金・キャンセルの対象になっているとはちょっと考えられない。

素人の考えでも「なんか違うよな、これ」っていうのはわかりました。

 

Pages・Numbers・Keynoteについて

 

Pages・Numbers・Keynoteは日常的に使っているというわけではないんですが、これらのアップデートしないと、AppStoreの赤丸の通知が消えないんでうざったいんですよね。

なので、どうにかこのトラブルを解決したかった。

この3アプリはOfficeソフトでいうところのWord・Excel・PowerPointにそれぞれ該当しますが、パソコン買い換える以前からPagesたちはあまり使っていませんでした。

 

MacBookに買い換える前はWindowsのノートPCを使っていたんですが、オンライン上でPages・Numbers・Keynoteを使ってみても不便なんですよね。

なんだか動きが鈍くて、ちょっとストレスが溜まる。

なので、大学生になってからはずっとGoogleのツールを使ってました。

Googleドキュメント・Googleスプレッドシート・Googleスライドですね。

 

Officeアプリを使うかGoogleアプリを使うかっていう選択がほとんどだと思いますが、両方使ってみて個人的には、Google一択かなって感じです。

 

 

オンライン上で作業するときに、Googleアプリは本当にサクサク動く。

Googleドライブで管理もしやすいですしね。大学生だったら講義ノートにGoogleドキュメントは大活躍します。

 

一方で、MicrosoftのWordとかはオンライン上で使うときにちょっと鈍い。

OneDriveも悪くはないんだけど、使いやすさで言えばGoogleドライブには劣るかなぁ。

 

今回の記事の主役であるアップルのPages・Numbers・Keynoteについていうと、Windowsで使うには不便だけどMacBookで使う分にはなかなかいい動きをしてくれてるので、使うパソコン次第ってところですね。

パソコンの種類を選ばず、万能なGoogleアプリが総合力では圧勝です。

 




【解決】AppStoreのアカウントのところをチェックすればOKでした。

実は今回の問題、あっけないほど簡単な操作で解決しました。笑

MacBookのApp Storeに入ると、左下あたりにアカウントの情報があります。上画像で人のシルエットが出てるやつです。

そこをクリックして、「受け取る」を選択Apple IDでサインインし直すと、自動的にアップデートが始まりました。

よくApp Storeを観察していればすぐに解決できた問題なのに、20分以上もかかってしまいました。笑

 

灯台下暗し、ですな(合ってるか?)。

MacBookは超快適なので、これからもブログをどんどん書いていきますよ。
他の記事も良ければ見ていってください。

 

最新情報をチェックしよう!