vsティガレックスの立ち回りを考える(弓)

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

MHRiseのティガレックスについて、立ち回り等を書いていきます。

弓メインで狩っているので弓目線でのコメント多め。

ティガレックス概要

突進バカなモンスター。突進の軸合わせが独特で、慣れるまでは戸惑うかもしれません。

その突進の範囲は他のモンスターと桁違いで、武器種によっては抜刀状態で避けるのが困難になります。位置が悪いと納刀ダッシュですら避けられないことも。

岩飛ばしを除いた全てのアクションが近接攻撃であり、その岩飛ばしは容易に回避可能。

一見ガンナーと相性が良さそうですが、連続突進やナルガ以上の速度で繰り出す飛び掛かりのプレッシャーは厳しく、上位ティガなら「一発被弾=致命傷」なこともあって、楽勝とはいきません。

ティガ同じく集会所★7に出てくるメンツはvsガンナーだと被弾ゼロが基本となるため、弓で行くなら無謀な剛射とかは控えましょう。

なお、ティガレックスには閃光玉がかなり有効。閃光タイム中はガンナーなら打ち放題です。

肉質

MHRiseティガレックス肉質弱点

突進の脅威を掻い潜りながら頭を狙う必要があります。特にガンナーは頭以外の弾肉質が良くありません。

切断武器なら尻尾も有効でしょうが、尻尾はそのうち斬れてしまうためやはり頭狙いすることに。正面が怖いなら前脚にターゲットを絞っても良し。

雷属性弓を使うなら正面or斜め前あたりに立って属性矢をばら撒くのも有効です。この場合は連射or拡散矢を使うことになります。

正面は突進リスクがデカいですが、かといって背後へ行くと弱点を狙えません。斜め前あたりに立って突進を警戒しつつ攻めましょう。

主な攻撃パターン

・突進
シンプルながら怖い攻撃。
ティガレックスの突進は最高3回続き、途中で方向転換してくるので安易に追いかけると危険です。
予備動作はゆっくりとしており、その分だけ軸合わせが正確。最初の前足踏み込みに合わせて横へ転がりましょう。

・飛び掛かり
ハンターにゆっくり軸合わせし、超高速で飛び掛かり→そのまま突進。
かなり速いです。飛びかかりを始めた後に回避しても間に合いません。

・噛みつき
前へ踏み込みながら噛みつき。
ティガレックスの攻撃の中では比較的ゆっくりした動きでチャンスタイム。

・咆哮
ティガレックスの咆哮は接近しすぎるとダメージを受けます。
ハンターが警戒ボイスを出してくれるので離れましょう。頭狙いのチャンス。

・回転攻撃
前へ移動しながら全方位を薙ぎ払い。
イメージとしてはナルガのそれに近く、ナルガよりも移動距離長め。連続突進のフィニッシュで使ってくることが多いです。
この回転攻撃後は威嚇動作を行うことが多いため、攻撃の準備をしときましょう。

・岩飛ばし
左右どちらかの前脚で地面を抉って岩飛ばし。
MHXX時代の記憶では右前脚のみだったと思うのですが、Riseでは左からも出してくる模様。

弓での狩猟例

ティガレックスが突進している間は相手にせず距離をとりましょう。突進が終了したら頭を攻撃し、程よいところで次の回避に備える。

振り向き突進も飛び掛かりも攻撃範囲が正面なのは同じですが、横方向への範囲も広めなのでかなり大きく避けないと厳しい。

被弾ゼロで立ち回りたいガンナーなら回避距離スキルは必須級といえます。Lv1あるだけでもだいぶ違うので積みましょう。

おすすめ武器はトビカガチ弓。雷属性で溜め1〜3がすべて連射なため、弱点属性で頭を集中攻撃しやすい。

オール拡散のフルフル弓もGoodで、こっちの方が作成難度は低め。ただし拡散矢は超接近戦で挑むことになるのでより慎重に。

 

ティガレックスの上位単体クエストは砂原での狩猟となるのですが、狭いor段差が多いエリアがいくつかあり、状況によっては戦いにくくなります。(寒冷群島なら良かったのに)

障害物のない開けたエリアの方が戦いやすいため、こやし玉で移動させるのも選択肢としてはアリでしょう。

MHRiseティガレックス
最新情報をチェックしよう!