vsナルガクルガの立ち回り・狩猟法【ランス・弓】

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

MHRiseのナルガクルガについて、立ち回り・狩猟法を書いていきます。

私はナルガに対してはランス・弓で狩猟することが多く、この2つに関しての狩猟コメントも載せました。

ナルガクルガ概要

ベリオロスと同じくスピードタイプのモンスター。滑空することがまず無いのでプレイヤーによってはベリオよりも戦いやすいでしょう。

単発の威力は尻尾ビタンを除けばそこまで脅威ではないものの、間合いを一瞬で詰めるor空ける、それに広い攻撃範囲と厄介な動きをしてきます。

特にブレードを使った薙ぎ払い攻撃は横方向への範囲が広く、中〜遠距離のガンナーほど避けにくい印象です。尻尾回転の範囲も広め。

とはいえ、隙をしっかり晒してくれるモンスターでもあります。飛び掛かり・回転・尻尾ビタンの後はかなりの攻撃チャンスとなり、慣れないうちはここに絞って攻めても良いでしょう。

肉質

MHRiseナルガクルガ肉質

MHRiseナルガクルガ肉質弱点

刃翼は物理がカチカチである一方、雷属性にかなり弱い。比較的狙いやすい頭・尻尾も含めれば25〜35通ってくれるので、担ぐなら雷武器で決定です。

しかし剣士だと弾かれやすいため、切断武器で攻めるなら心眼スキル推奨です。上位であればトビカガチの腰防具が心眼Lv2を持っておりオススメ。ついでにカガチ武器も作っておくと良いでしょう。

剣士は頭が65〜70とよく通りますが、問題はガンナー。vs弾肉質は尻尾の45が最高で、頭に対しても40とあまり優しくありません。背後を取れたらもちろん尻尾狙いすべきですが、基本的には頭〜前脚にかけてを射撃することになるでしょう。

全体的にガンナー相性は悪めかと思いますが、弓なら属性漬けが容易なのでまだマシかも。身躱し矢斬りという攻撃手段もありますし。

主な攻撃パターン

・噛みつき
普通の噛みつき攻撃。

・尻尾払い
ナルガ正面の位置まで尻尾を振る。
左右どちらかから繰り出してくるので、安全な方へ回避しましょう。

・尻尾一回転
全身を回転させつつ尻尾で全方位を薙ぎ払う。↑の半回転よりも予備動作が大きくそこで見分ければOK。
上位だと2回連続で使ってくるので、翔蟲受け身の安易な発動はBad。

・トゲ飛ばし
標的のいる位置へ尻尾のトゲを飛ばす。怒り時は2回連続で。
トゲは着弾してから撒き菱のように残り続け、触れるとダメージを受けます。

・溜め飛び掛かり
「構え」動作が特徴。しばらく溜めた後にブレードで薙ぎ払いながら飛びかかる。
ナルガの構え向きを見れば左右どちらへ繰り出すのかは判別可能。ブレードを潜り抜けるように転がると避けやすい。
基本的には逆へ移動すればOKですが、ブレードの範囲が広いので位置取りが悪いとそれでも当たります。

・回り込み→飛び掛かり
↑の溜め飛び掛かりからのフィニッシュで使ってくることが多い技。
標的から距離を置きつつ軸合わせし、飛び掛かり攻撃。
ナルガを追いかけてしまうと被弾しやすい。前後への範囲が広いので、横へ避けることを勧めます。

・尻尾ビターン
ナルガの必殺技。尻尾を勢いよく上から叩きつける。
上位クエだと怒り時は2回連続で発動してくるので、1発目での安易なカウンター・翔蟲受け身は危険。
ハンターの至近距離でゆっくりと歩き出したらビターン発動のサイン。回避orガードに備えましょう。

 

下位と上位での回数変化が著しく、尻尾一回転・尻尾ビタンには注意が必要です。

ランスでの狩猟例

「攻撃は速いけど後隙が大きい」モンスターの典型例なので、カウンターメインで戦います。

連続攻撃(尻尾一回転・尻尾ビタン・棘飛ばし)には注意し、それ以外はカウンター突き・アンカーレイジを積極的に狙う。ステップを多用してひたすら張り付きます。

テクニックがあるならジャストガードの運用も視野に(詳細は後ほど)。タイミングを合わせやすいモンスターであり、特に尻尾払い・噛みつき・フィニッシュ飛び掛かりは狙い目。

狩猟スピードでいえば他の武器に劣るかもですが、かなり安定して狩れます。

ジャストガードを使う場合

いくつか注意点があります。

・棘飛ばし
複数本のトゲを飛ばしてきますが、これは1本ごとに当たり判定がある模様。なので最初にジャストガードを決めても別のトゲを被弾してしまいます。
ジャスガ装備の場合はステップで避けるようにしましょう。ナルガが棘発射した瞬間に側方ステップすれば回避できます。(自分は回避距離Lv2を付けてました)

・尻尾一回転,尻尾ビタン
連続で発動してきた場合は「ジャストガード→ジャストガード」で対処。
ジャスガ成功しても十字薙ぎ払いに移行せず、即座に次のジャスガに備えればOK。
噛みつき・尻尾半回転・飛びかかりフィニッシュなどはジャスガ→十字薙ぎ払いして大丈夫です。

 

 

弓での狩猟例

弓で最も警戒したい攻撃は尻尾一回転。連射矢のクリティカル距離だと範囲に収まってしまうので、いつでも回転攻撃を避けられるようにすべきです。

当たり判定はほぼ一瞬なのでフレーム回避・身躱し矢斬りも比較的容易ですが、上位個体だと2回連続でやってくるので、安定をとるなら範囲外へ逃げるのが良いでしょう。

この尻尾一回転に余裕を持って対処するのなら貫通弓がオススメ。雷属性は全体的にそこそこ通りますし、武器の選択肢もラージャン弓・ジンオウ弓・ブナハブラ雷と多い。(まぁ結局は百竜弓が最適なのですが)

チャージステップ/身躱し矢斬りのどちらを選択するかについては、プレイスタイルと相談。

間合いを開けて貫通弓で立ち回るのならCSが良いでしょう。連射or拡散で近めの距離をキープするなら身躱し矢斬りが良いかと。

MHRiseナルガクルガ
最新情報をチェックしよう!