vsナルガクルガの立ち回りを考察する(ランス)

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

MHRiseのナルガクルガについて、立ち回りや狩猟法などを書いていきます。

ナルガクルガ概要

ベリオロスと同じくスピードタイプのモンスター。滑空することがまず無いのでプレイヤーによってはベリオよりも戦いやすいでしょう。

単発の威力は尻尾ビタンを除けばそこまで脅威ではないものの、間合いを一瞬で詰めるor空ける、それに広い攻撃範囲と厄介な動きをしてきます。

特にブレードを使った薙ぎ払い攻撃は横方向への範囲が広く、中〜遠距離のガンナーほど避けにくい印象です。

とはいえ、隙をしっかり晒してくれるモンスターでもあります。飛び掛かり・一回転攻撃・尻尾ビタンの後はかなりの攻撃チャンスとなり、慣れないうちはここに絞って攻めても良いでしょう。

肉質

MHRiseナルガクルガ肉質

MHRiseナルガクルガ肉質弱点

翼のブレード部分は物理がカチカチである一方、雷属性にかなり弱い。比較的狙いやすい頭・尻尾も含めれば25〜35通ってくれるので、担ぐなら雷武器で決定です。

しかしブレードは弾かれやすく、近接武器で攻めるなら心眼スキル推奨です。

上位であればトビカガチの腰防具が心眼Lv2を持っておりオススメ。ついでに雷武器も作っておくと良いでしょう。

vs弾肉質は尻尾の45が最高で、頭に対しても40とあまり優しくありません。距離を空けるとむしろ戦いにくい点も含め、ガンナー相性は悪い部類に入ると思われます。(MHXX時点なら頭はもう少し柔らかかったけど……)

ガンナーで行くなら電撃弾速射や雷拡散弓で属性攻めするのが良いでしょう。雷拡散なら頭・前脚・ブレードに広がるように撃てば効率よくダメージを稼げます。

主な攻撃パターン

・尻尾払い
ナルガ正面の位置まで尻尾を振る。
左右どちらかから繰り出してくるので、安全な方へ回避しましょう。

・尻尾一回転
全身を回転させつつ、尻尾で全方位を薙ぎ払う。
上位だと2回連続で使ってくる模様。
↑の半回転よりも予備動作が大きいので、そこで見分ければOK。

・トゲ飛ばし
標的のいる位置へ尻尾のトゲを2回飛ばす。
トゲは着弾してから撒き菱のように残り続け、触れるとダメージを受けます。

・溜め飛び掛かり
「構え」動作が特徴。しばらく溜めた後にブレードで薙ぎ払いながら飛びかかる。
ナルガの構え向きを見れば左右どちらへ繰り出すのかは判別可能。
基本的には逆へ移動すればOKですが、ブレードの範囲が広いので位置取りが悪いとそれでも当たります。

・回り込み→飛び掛かり
↑の溜め飛び掛かりからのフィニッシュで使ってくることが多い技。
標的から距離を置きつつ軸合わせし、飛び掛かり攻撃。
ナルガを追いかけてしまうと被弾しやすい。

・尻尾ビターン
ナルガの必殺技。尻尾を勢いよく上から叩きつける。
上位クエだと怒り時は2回連続で発動してくるので、安易なカウンターは危険。1度目をガード等で凌げば2発目はカウンター可能。
ハンターの至近距離でゆっくりと歩き出したらビターン発動のサイン。回避orガードに備えましょう。

ランス狩猟例

ライトボウガン・弓よりもランスの方がずっと安定しました。なのでランス狩猟についてコメント。

基本的にはステップで至近距離を維持し、カウンター狙いで戦います。連続攻撃(尻尾回転・尻尾ビタン)にのみ注意し、それ以外はカウンター突き・アンカーレイジを積極的に狙う。

テクニックがあるならジャストガードの運用も視野に。タイミングは合わせやすいモンスターで、特に尻尾払い・噛みつき・フィニッシュ飛び掛かりは狙い目。

心眼があれば正面に自信を持って立てますが、スキル無しだとブレードに弾かれたときが怖いので、懐に潜ってしまうくらいでも良いと思います。

それ以外の推奨スキルはガード性能と回避距離。回避距離はLv1あるだけでも密着しやすさが大きく変わります。

また、オトモがいるとナルガがあっちこっち動いて時間が掛かりがちです。煩わしく思う場合はオトモに待機してもらっても良いでしょう。

MHRiseナルガクルガ
最新情報をチェックしよう!