【MHRise】里緊急マガイマガド狩猟までを振り返る

  • 2021年3月29日
  • 2021年3月31日
  • MHRise

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

MHRiseが最高に面白くガンガンプレイしています。最序盤は操作関連で困惑した部分もあったものの、次第に慣れてきました。

マガイマガド狩猟まで失敗なしで進めたのは幸運だったと言えるかもしれません。

今回の記事では、「vsマガイマガドに至るまでの里クエスト」を振り返っていこうと思います。(各モンスター狩猟時の感想など)

里★2クエスト

里★1は採集・小型モンス討伐がメインなので省略します。

・オサイズチ(緊急)
(初見:狩猟笛)
体験版でたくさん狩っていたので難なく倒せました。
部下のイズチ2頭がウザいことを除けば特筆すべき点はないでしょう。
イズチシリーズは作りやすさの割に性能が優秀。武器種によっては体術スキルがとても役立つはずです。

・アオアシラ
(初見:片手剣)
オサイズチよりは強いです。ベアハッグの精度がMHXXよりも上がっている気がします。
攻撃の大半が正面を狙ってくるので、お尻側へ回り込んでいけばOK。ただしヒップアタックは要警戒。

・ドスバギィ
(初見:片手剣)
睡眠ブレスを使ってきますが、その他の肉弾攻撃自体はオサイズチよりも対処しやすいかと思います。
オサイズチを狩れるならvsドスバギィも問題なし。

・ウルクスス
(初見:片手剣)
滑り突進を急に出してくるのが厄介。ウルクススの真正面で待機するのはやめましょう。
アオアシラのようにグルグルダッシュ(←遅延行為)をしてこない点では、ストレス少なく狩れるかも。

里★3クエスト

・アケノシルム(緊急)
(初見:狩猟笛)
★2のモンス達と比べて段違いの強さ。過去作でいえば「ドスランポス→イャンクック」と同じような流れですね。
回転攻撃は意外に範囲が広く近距離だと避けにくい。そして傘突進は持続時間が長い+若干のホーミング性能。
距離を大きくとると火炎ブレス被弾のリスクが高まります。
ランスとの相性が良いように感じました。連続攻撃してくるタイプではないので、超接近戦で「ガードorカウンター→反撃」が安定します。
火属性武器を作る際にアケノシルム素材が必要になり、しばらく乱獲しました。

・ヨツミワドウ
(初見:弓)
最初に出てくる重量パワー系モンスター。
攻撃の大半は直線的なので、側面に回り込んで削っていけばOK。遠距離で攻撃できる武器ほど有利。
力士モードの地震攻撃に限っては範囲が広いので注意。
弱点の雷武器を同レベル帯のフルフルから作れますが、どちらかといえばヨツミワドウの方が倒しやすいでしょう。

・クルルヤック
(初見:弓)
鳥仲間のアケノシルムと比べて攻撃は避けやすい。
しかし岩を持っているときの防御性能が厄介で、咄嗟に横へ回り込みにくいランスは不利なように感じました。
攻撃手段は直線的なものが多め。
アケノシルムとどちらが狩りやすいかは意見が分かれそうです。

・ボルボロス
(初見:弓)
★3ではトップクラスの強敵だと思います。
頭がカチカチなので他の部位を攻めたいですが、ユラユラ動くせいでそう簡単にはいかない。
もし狩りにくい……と感じるなら、操竜・睡眠爆破・毒といったあらゆるダメージ手段を使っていくべきでしょう。体力はそこまで多くありません。
私自身、初見は弓で↑3つを全て使いました。弱点武器を用意できるようになれば少しは狩りやすくなります。

・ドスフロギィ
(初見:弓)
タックルが強い。そして部下のフロギィ達がうざい。
この2点だけです。
氷がよく効くということで、フロストエッジ(片手剣)を使ったら楽勝でした。

・ロアルドロス
(初見:弓)
タックル攻撃の範囲が広く、調子に乗って近接攻撃しまくると巻き込まれます。
ガンナーの方が狩りやすいでしょう。
ロアルドロス含め、これから火属性弱点のモンスターが増えます。火属性武器を作っておくのがおすすめ。
水属性武器はロアルorヨツミの2通りありますが、狩りやすい方で良いでしょう。

・フルフル(非セレクト)
(初見:ライトボウガン)
セレクトクエストではありませんが、雷武器を作るために狩っておきたいモンスです。
ガンナーなら被弾リスクはかなり少なくなります。ひたすら頭を狙いましょう。
火属性を使えると簡単。

里★4クエスト

・ビシュテンゴ(緊急)
(初見:ライトボウガン)
とにかく素早くて動きがトリッキー。
回転突進は複数回繰り出してくるので追いかけると被弾します。
通常弾でひたすら頭(弾60)狙い。狙いにくいときは翼or尻尾。尻尾で立ち上がっているときは尻尾狙いもよくしてました。

・イソネミクニ
(初見:ライトボウガン)
★5で出てくるタマミツネに備えての練習相手……って感じ? まだ1回しか狩ってないのでよく分かりません。
眠り粉が広範囲に拡散してくるため、翔蟲で上方回避するのが無難です。
肉弾攻撃は直線上への飛び掛かり・その場回転の2つがメイン。
頭よりも首が弱いとのこと。雷属性が20前後通ることから、電撃弾・貫通電撃弾を使いたくなります。
とはいえ初狩猟時は頭・首を通常弾で撃ってました。

・ベリオロス
(初見:ライトボウガン)
ナルガクルガは★5で出てくるのですが、ベリオロスは★4という格下?扱いに。しかし★4モンスの中では強い部類に入るでしょう。
アイスボーンでどうだったのかは知りませんが、MHXXよりは戦いやすいと感じました(氷海の地形がウザすぎて……)。
遠距離攻撃手段はブレスだけですが、突進・飛び掛かり・回り込みの速度が圧倒的です。ガンナー絶対優位とも言い切れません。
回避距離スキルを積んだらコロリンだけで突進攻撃を捌けたので、思ったほど苦労はしませんでした。

・リオレイア
(初見:ライトボウガン)
頭とそれ以外の肉質にかなり差があります。ガンナーなら尚のこと頭を狙うべき。
竜属性を使えれば楽ですが、★4攻略時点で竜武器を用意するのは難しいでしょう。雷でもOK、なんなら物理特化でも問題ないかと。
砂原での狩猟だと、周囲を泳いでいるデルクスが厄介極まりない。

・トビカガチ
(初見:ライトボウガン)
エリアによって厄介度が異なるモンスター。
「壁掴まり→急襲」を繰り返されるとイライラ。一方、開けたエリアでの戦闘なら楽しく狩れます。
例によって初見はライトボウガンでいきましたが、ランスで行ってみたところかなり安定。
武具に優秀なものが多い印象です。

・ラングロトラ
(初見:ランス)
「強くないけどウザい」典型例です。
★4では最弱だと思いますが、しょっちゅう転がって距離をとってくるため面倒くさい。
狩猟難易度の割に防具が優秀。

・バサルモス
(初見:弓)
やたらと潜ってくる。
攻撃自体は楽に避けられるものが多いので、欲張りすぎないことが大切。

・プケプケ(非セレクト)
(初見:ライトボウガン)
ラングロトラの次くらいに弱いです。
頭or尻尾を通常弾狙い。毒ランスを作るときにお世話になりました。
2度目はフルフル弓(雷拡散矢)で挑み、あっさり狩猟完了。

・マガイマガド(→★5緊急)
(初見:ライトボウガン)
★5はまだ攻略してないので、マガドをここに入れておきます。体験版のマガイマガドはやってなかったので完全初見です。
回避距離を積んだライトボウガンで安全重視の立ち回り。
肉質も何もわからないのでまずは弱点探し。よく効く部位が分かったらそこを狙います。
攻撃自体は直線的なものが多いように思います。鬼火弾飛ばしはスピードが遅めですし、爆破も範囲を前もって教えてくれるので難なく回避可能。
一撃が重いモンスターのようで、欲張らずにチキンプレイでの立ち回り。11分くらいで麻痺→罠→捕獲完了。

強かったモンスター

  • アケノシルム
  • ボルボロス
  • ビシュテンゴ
  • トビカガチ
  • マガイマガド

あたりでしょうか。

緊急クエのモンスターが3/5を占めるあたり、開発の思惑通りなのかもしれません。里★2時点ではアケノシルムの強さはキツいですし、以下ビシュテンゴ・マガイマガドも同様。

MHXX時点で狩ったことのあるモンスターは苦戦しない傾向にありました(ボルボロス除く)。おおよその動きが分かっているから当然なのでしょうが……。

マガイマガド狩猟後の里★5ではナルガクルガなどの強敵クエストが出てきます。

MHRise里クエスト緊急マガイマガド
最新情報をチェックしよう!