vsロアルドロスでの立ち回りを考察(ガンナーメイン)

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

MHRiseにおけるvsロアルドロスの立ち回り等について書きます。どちらかというとガンナーメインです。

ロアルドロス概要

割と序盤から狩猟可能な水属性モンスター。武器・防具も水属性をフィーチャーしたものが多く、水弱点モンスに備えた武具を用意するときに乱獲しがちです。

水ブレスを除いた物理攻撃は全身を使ったものが多く、それなりに範囲が広め。張り付いて戦う武器は結構神経を使うでしょう。

基本的にガンナーなら撃ち放題のモンスターです。「あまり速くない・ちょうどいい大きさ・遠距離攻撃のブレスは避けやすい」……とガンナーにとって有利な要素が多い。

私はMHXXでロアルドロスをたくさん狩ってきましたが、Riseの方がだいぶ狩りやすくなっているように感じます。これはハンター側の運動能力と移動手段がUPしている点が大きいですね。

さすがにオサイズチとかよりは強いですが、アオアシラと比べたら人によって意見が分かれそう。正直、私はアシラの方が苦手です(ガンナー相性的な意味で)。

ロアルドロスの肉質

MHRiseロアルドロス肉質弱点

ここまで火属性がしっかり効いてくれるモンスターも珍しい。初見だと「水使いか……雷属性だろ!」と思いがちかもですが、圧倒的に火が効きます。

ある程度の手数を有する武器種なら、ぜひ火属性武器を担ぎましょう。里・集会所問わずアケノシルムが同ランクでいるので用意には困らないはずです。

物理肉質も割と良心的で、頭以外でもそこそこの数値があります。ただ、ダメージ効率を考えるならやはり属性特化で挑むべきでしょう。

基本的には頭or尻尾のどちらかを狙います。ブレスやタックルを避けた直後は少なくともどちらかがガラ空きなので、そこを攻めればOK。

同ランク帯のモンスターではアケノシルム・ボルボロスとかがいますが、狩りやすさではロアルドロスが勝るのではないでしょうか? 結果として水属性装備を作りやすい環境となっています。

主な攻撃パターン

・単発水ブレス
オーソドックスなブレス攻撃。
よくあるやつです。

・3way水ブレス
3方向に水ブレスを撃ってくる。
一発ごとの範囲はそれほど広くないので、隙間を縫う感じで距離を詰めればかなりの攻撃チャンスに。

・ダッシュ+水ブレス
ダッシュしながら左右へブレスを吐く。複数回続くので、追うのではなくやり過ごしましょう。
そんなに脅威な攻撃ではありませんが、何回も使われるとテンポが悪くなってストレス要素に。

・ボディプレス
上体をのけ反らせた後、水しぶきを出しながらボディプレス。
ちょっと距離を取れば怖くありません。

・飛び掛かり
シンプルな飛び掛かり攻撃。
ロアルドロスの攻撃の中では予備動作が少ないため、ガンナーは特に警戒しましょう。

・尻尾振り回し
左右へ2度尻尾を振ってくる。
尻尾切断に躍起になるあまり、被弾しないように。

・タックル
剣士なら最も警戒すべき攻撃。
横方向へゆっくり転がるタックル・斜め前方へ勢いよく突っ込むタックルの2種類がある。後者は威力・スピードともになかなか。
全身を使った攻撃なので範囲が広く、張り付く武器ほど被弾しやすい。

・回転+飛び掛かり
ハンターが警戒ボイスを出してくれます。
その場を薙ぎ払った後、標的のいる方向へ軸合わせしてから飛び掛かり攻撃を行う。
距離を空けるのが無難です。攻撃後の隙は多いのでそこを攻めましょう。

弓での狩猟法

火属性弓で頭・タテガミ付近を撃ちまくる。水ブレス・ボディプレスはチャージステップで容易に回避できるので、攻撃チャンスは大量にあります。

上位攻略時点なら火属性弓の選択肢はだいたい2つで、クイーンブラスターorアルクウノルージュ。アンジャナフ弓もありますが、火属性値が低すぎてほぼ物理弓という扱いです。

クイーンブラスターは溜め3が拡散で、頭周辺に属性ダメージを効率よく稼げる。アルクウノルージュは貫通を持っているので頭から胴体にかけてを撃ってあげる感じで。

火属性弓がないなら物理特化でも良いですが、その場合はよりいっそう頭狙いを徹底しましょう。タテガミだと駄目で、頭です。

MHRiseロアルドロス
最新情報をチェックしよう!