vsヌシ・アオアシラの狩猟法【弓】

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
Peingで質問箱もやってます。

MHRiseのvsヌシ・アオアシラについてです。普通のアオアシラの記事ではありません(通常個体記事はさすがに不要でしょうか)。

弓での基本的な立ち回り等を書いていきます。百竜夜行ではなく単体クエスト前提なのでご了承ください

ヌシ・アオアシラ概要

現状6種類いるヌシモンスターの中では最弱だと思いますが、通常個体とのギャップでいえばアオアシラが断トツでしょう。

通常個体とかけ離れた強さを持つ点ではMHX・XXの紅兜アオアシラと同じ。幸い、ゲーム上での強さは紅兜ほど極悪ではありません。

集会所下位→上位昇格を賭けた緊急クエスト「青いヌシ」で登場してくるものの、下位装備でまともにやり合うべきモンスターではないです。HR解放後の防具ですらヌシアシラの攻撃は痛く、HR3時点だとどんなにキツいか。

ちなみに、ヌシアシラの専用素材である「ヌシの熊掌」は評価値45だったと思うのですが、なぜかマカ錬金の【幽玄】に投入できません。ヌシレイア以降の素材は投入できるのに……。なのでBOXに余りがち。

ヌシ最弱という点から、瑠璃原珠をお手軽に稼ぐのにはうってつけ。

肉質

MHRiseヌシアオアシラ肉質

弾肉質に限っていえば、紅兜の如く硬め。

しかしこれは通常時の話で、怒り状態(=腕が赤くなる)では前脚が軟化。弱点特効が効くようになります。

物理で最も通りがいいのは頭・上半身ですが、属性弓を担ぐとなると属性の効き具合も気になるため、一貫して前脚狙いで良いでしょう。

赤くなった前脚を攻めていくとダウンを奪えるものの、それと同時に腕の色が元に戻ってしまうのがネック。

通常時では弱点特効が死にスキルとなってしまいますが、怒り状態でいる時間の方が長い気もするので積んでも良いでしょう。

通常個体のアシラが状態異常にとても弱いのに対し、ヌシアシラはそこまで有効ではありません。

主な攻撃パターン

・強咆哮
ヌシモンスターが怒り移行時に放つ咆哮。
身躱し矢斬りで凌ぐことができるほか、範囲自体はそこまで広くない。

・ヒップドロップ
高くジャンプしての踏み潰し攻撃。ある程度距離をとっていても詰めてくるので注意しましょう。
着地時に振動が発生。
耐震スキルはスロ2相当なので積むとなると重いですが、落下地点から大きく離れれば振動の範囲から逃れられます。

・ヒップドロップ→アッパー連携
ヒップドロップの後に連続アッパー。
予備動作で咆哮(硬直なし)をするので分かりやすいです。
冷静に距離をとってやり過ごしましょう。

・岩飛ばし
アッパーで地面を抉っての岩飛ばし。
ハンターの位置を正確に狙ってくる点ではディアブロスと同じ。

・突進高速引っかき
片方の腕を振り上げた後、高速で接近しながら繰り出される引っかき。引っかき後はアシラが尻餅をつきます。
被弾すると気絶確定し、引っかきに当たらなくても風圧があるので厄介。
気絶耐性の装飾品はスロット1と軽く、Lv1だけでも積んでおきたいところです。

・連続引っ掻き+ベアハッグ
通常個体が持っていたものと同じような動き。

・タックル
基本的には通常個体のそれと同じで、突進Uターンしてからのタックル。
回避距離スキルがあると対処しやすく、タックル寸前に右へ回避すればOK。
ふつうの抜刀移動だと避けるのは難しめ。

弓での狩猟法

MHRiseヌシアオアシラ

回避距離Lv1を用意することで安定した立ち回りができます。

振動付きのヒップドロップは、アシラが跳躍したのに合わせて横へチャージステップ。これで振動範囲に巻き込まれず、着地後の隙を狙えます。ただしヒップドロップ後にアッパーしてくることもあるので攻め過ぎは禁物。

「怒り状態で前脚軟化→攻めまくってダウンをとる→すぐ怒る」の繰り返しで戦闘が進むため、怒り移行時の咆哮をカウンターできると快適。

接近しているなら身躱しするのが楽ですが、ヒップドロップや引っかきなどの攻撃を安定して避けるならチャージステップがおすすめ。咆哮自体は距離を取ることで凌げるので、好みに応じて入れ替え技を選択してください。

最も警戒すべき攻撃は突進引っかき。攻撃の直前にゆっくりと狙いを定めてくるので早めに転がってしまうと当たります。引っかき自体も痛いですし、気絶→追撃と来たらガンナーの耐久力では生存は望めない。

 

矢タイプは連射一択でしょう。貫通は論外で、拡散は弱点部位に集中させにくいため難しい。

前脚への通りが良い火属性弓を選ぶべきであり、お手軽に作れるのはアンジャナフ弓。しかしHR解放後なら百竜弓をカスタマイズして火属性連射に。

MHRiseヌシアオアシラ
最新情報をチェックしよう!