「聞き返されるのが怖い」「話すのが不安」という人にオススメしたい本。

  • 2018年9月30日
  • 2019年11月4日
  • 読書

僕の声は、

・低音

・吃音気味(たまに難発になる)

・滑舌がそんなに滑らかじゃない

という3つの傾向がありまして、長い言葉を喋ると「え?」と聞き返されることがよくあります。

関連記事:聞き返されることによるストレス(吃音・どもり)

飲み会とか賑わってるレストランといった周囲が騒がしい状況では、特にそれが増える。

なんで他の人はあんなスムーズに聞き取りやすい声を出して、支障なく会話ができるのだろう?

「低い声、渋くてかっこいいね」と言われるのは嬉しいけど、もうちょっと高音だったら伝わりやすいのかなぁ……と思ったりして悩んだりします。

聞き返されずにスムーズに会話ができているときは、凄い気持ちいい。でも一度二度と「えっ?」が出てくると、なんだか自信喪失に近い感じになる。

大学に入ってから人と話すことが増えて、就活もいつかあるので本格的に悩みました。勉強だけやってれば良かった高校時代とは違い、バイトにプレゼンなどなど、「聞き取りやすいように話す」工夫が必要だと感じたのです。

自分なりにいろいろと本を読み漁り、「いいな」と思った本をいくつか紹介していきます。いずれも、話すことに対して勇気を与えてくれる本です。

出来る範囲で発声や話し方を上手くしたいと考えている人におすすめ。吃音で悩んでいる場合は、まず深刻に思いつめないことが大切でしょう。吃音はメンタルによるものが大きいはずなので。

『ビジネスは話し方が9割』(ポプラ新書)

著者の野村絵理奈さんは『年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。 成功者が実践しているロジカルな話し方マップ』という本も出しており、そちらも面白いのですが、『ビジネスは話し方が9割』の方が新書で読みやすく安価なのでオススメです。

この本を読んで練習したらあらびっくり、話し方が劇的に変わった!というわけではないのですが、「話し方、どうすればいいかな」というのを僕がじっくり考えるきっかけになった本です。

「書かれているテクニックを一つずつそのまま習得していく」というよりは、テクニックを参考に「自分流にしていく」という方が向上しやすいと思います。

難発などの吃音で悩んでいる人だと、テクニックをそのまま習得するのはちょっとハードルが高いでしょうから。出来る範囲で、トレーニングしてきましょう。

発声の仕方あたりの記述は、かなり役立ちました。「発声の仕方だけでもやってみよう」くらいの気持ちで挑戦してみると長続きしやすいのでオススメです。

全体を通じて、奇をてらった話し方テクニックは見受けられず、スタンダードな王道テクニックを丁寧にまとめた、という印象です。大学生であれば、就活が終わるまで持っておいて損はないでしょう。もちろん社会人にも有効かと。

『話し方入門』(創元社)

既に知っているという方も多いであろう、デール・カーネギー。

カーネギーの著作では『人を動かす』がとても有名ですが、こちらの『話し方入門』もぜひ読んでみてほしい。

「話せるようになるためのテクニック〇選!」みたいなわかりやすい形式をとっているわけではないので、読了するのに体力は要るかもしれない。

それでも、カーネギーと受講生の関わりの模様・彼らが取り組んだトレーニング法・成功に至るまでの軌跡は読んでいてとても面白い。

この本では演説やスピーチに重点が置かれているので、日常会話での話し方を意識している人からすると「違う、そこじゃない」と思うかもしれませんが、読んでおいて損はないですよ。

関連記事:吃音(どもり)の悩み。

『ボクは吃音ドクターです。』(毎日新聞社)

・自分が吃音だと自覚して、他の人はどうなのかを知りたい。

・話し方に苦労しているのは自分だけなのか?を知りたい

・純粋に吃音についての理解を深めたい

そんな人にオススメ。

吃音持ちの人って、「えっ?「なに?」と聞き返され続けるストレスと戦ってると思うのですよ。

僕はちょっとだけ難発なくらいですが、それでも辛い。『ボクは吃音ドクターです。』を読んで、「あぁ……」という何とも言えない苦しみを覚えました。「この吃音の悩み、分かる。分かるぞ」と。

「これをやっておけばOK」というテクニックを扱っているわけではなく、「話し方への不安を和らげるための本」と捉えてください。

吃音・非吃音かかわらず、話し方で悩んでいる人はたくさんいる。自分ひとりが苦しんでいるわけではないのだと、本書を通じて感じましたね。

あとは、純粋に吃音のことを多くの人に知って欲しいなぁと思ってます。

小学校では笑われても仕方ないかなと思うけど、大人になって人のどもりを聞いて嘲笑するのって、僕は許せない。
そんな失礼な人はそうそういないと思いますけどね。

楽なメンタルを持つべき

「はい?」「えぇっ?」とイライラ込みで聞き返してくる人がごく稀にいますが、これされると結構メンタルにくる。

話し方という一要素だけをつっこまれているだけなのに、あたかも自己全体を否定されてるような錯覚が生まれてしまうんですよ。

聞き返すときは、やっぱり優しく聞き返して欲しい。その代わりに、こちらが聞き返す時も優しくしてあげればいい。

「は?」と煽るように聞き返したって、いいことないんですよ。

話し方を完璧に修正するのは難しいです。僕も未だにできてません。たぶん生涯を通じて付き合っていくことになるのでしょう。

うまく共存していくメンタルを持つことが大事なのかなぁ、と思ってます。

最新情報をチェックしよう!