武器に使用回数あり。親密度システムも健在!【FE風花雪月】

こんにちは、Spicaです。
ファイアーエムブレム風花雪月が待ちきれないので、毎日YouTubeで公式動画を見ています。

E3出典動画や直近のNintendo Directを見ていて気がついたことを、このブログでも書いていきます。

さて、まずは「武器の使用回数」についての話です。

武器使用回数のシステム

FE風花雪月武器

「ベルナデッタ」というキャラが弓を装備していますね。

鉄の弓 50/50
ショートボウ 50/50

FE風花雪月では「武器の使用回数」システムが復活するようです。

このシステム、『if』では撤廃されていました。
FEifはシミュレーション要素としては最高に面白いゲームなので、このシステムがあるかないかはそんなに問題ではありません。

FEは伝統的に「武器は有限」だったので、改めてこっち側に戻したということでしょうか。

強い武器は大切に使わないとあっという間に無くなります。個人的には回数ありのほうが好きです。

 

「戦技」が武器に搭載される?

さて、続いてもう一つ画像を。

FE風花雪月武器

「曲射」というコマンドが出ていますね。

『エコーズ』で同名の戦技があったので、そこから踏襲したということでしょう。命中が上がるので使いやすい戦技でした。

エコーズで猛威を振るった「ハンターボレー」(キラーボウの戦技)も採用するのでしょうか。
ハンターボレーを組み込むなら、性能はやや抑えめにして欲しい。

ただでさえ弓が高性能のエコーズでボウナイトが鬼のように強かった理由はズバリ「ハンターボレー」があったからです。パイソンとロビン大活躍でしたからね〜。



親密度システムも確実にある

次の画像を見てください。

FE風花雪月親密度

画像の左あたりに、キャラのアイコンとハートマークがあると思います。

今作の主人公は「先生」なので、生徒に武術や学問の教育・指導を行うわけです。

指導をすることによって、生徒との親密度が上がるというシステムになっているのでしょう。

覚醒・ifでは親密度を「S」にすることで結婚できましたが……風花雪月ではどうなることやら。

一つ前の記事でも触れましたが、先生と生徒で結婚って、なかなか挑戦的ですよね。

そこまでチャレンジなシステム設定はしないんじゃないかな……?

生徒への指導分野はバリエーション豊富

・剣
・槍
・斧
・弓
・拳?
・魔道書
などなど……。

色々な項目を生徒に指導できるようですね。

「このキャラは、剣のみ」「剣と槍だけ」みたいに扱える武器種類が固まっていない……ということなのでしょうか。

上の画像に載っている武器全てを習得できるなら、本当に自由に育成・軍編成ができますね。

自由すぎてむしろ困るんじゃないかと思うくらい。

FE風花雪月は、相当育成に力を入れているようです。
FEヒーローズがヒットしたことを受けて、そっち路線にシフトすることにしたのだろうか?

最新情報をチェックしよう!