銀雪ep21「最後の戦い」ハードをクリア。ラスボスの超耐久【FE風花雪月】

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
YouTubeでFE風花雪月の動画出してます。

 

銀雪の章のラストマップ、「最後の戦い」をハードでクリアしました。

 

「最後の戦い」戦闘マップについて

FE風花雪月最後の戦い

魔獣のオンパレード。さぞかし難しいマップなのだろう……と思いきや、そこまでではありません。

紅花の章のほうがずっと難しい。

 

 

主な敵兵

①白きもの

FE風花雪月最後の戦い

「聖竜の大角」によって、白き獣がいると毎ターンHP全回復。

猛撃「霜雪」は防御無視の攻撃。射程1-8のどれか1点を中心に、全方位2マスを巻き込む。

命中が低め&威力もそこそこなので、実はあまり怖くない。各ユニットに回復薬を持たせておけば問題ない。

FE風花雪月最後の戦い

 

南部の青いマスを制圧すると、能力強化・スキル追加される。

(強化後のステータス)

FE風花雪月最後の戦い

武器の変化に合わせて攻撃・命中・必殺が上昇。通常攻撃の射程が1-8に変化。

「ほとばしる光」の追加で、猛撃を溜めなしで打てるようになります。

強化後の猛撃は、攻撃35・命中94・必殺31。

 

 

②白き獣

FE風花雪月最後の戦い

魔法武器持ち。

マップ南部にいる三体の白き獣は、左から順に剣・斧・槍が有効。障壁破壊に役立つ。

守備は低めなので、倒すのはさほど難しくない。
攻速31から火力40の魔法攻撃を打ってくるのは厄介。フォートレスはかなり出しにくい。

光のブレスを食らうと動揺する。食らってはいけない。

「白きもの」の強化に合わせて、自身も魔力と守備が+4。

 

③ゴーレム

FE風花雪月最後の戦い

魔法装甲持ち。射程1-3なので、安全に障壁を削れるのはボウナイトくらいしかいない。

「槍殺し」を持たせた斧兵も有効ですが、万一の必殺リスクも念頭に入れておくこと。

紅花の章「フェルディアの戦い」に出てくるいくつかのゴーレムは射程1-4だったので、それに比べればずっと倒しやすい。

「白きもの」の強化に合わせて、自身も魔力と守備が+4。

 

④暴れる教団幹部・枢機卿

色々な兵種がいます。「将星」などいくつか特殊なスキルを持っている。

特に注意したいのはスナイパー。

FE風花雪月最後の戦い

射程が途轍もなく長い上に、勇者の弓装備。「射程2-3だろ」と思い込んで魔道士を配置し、殺されないように注意。

他の幹部や枢機卿にも言えることですが、「祈り」を持っているのが地味にうざい。

 

ユニット選出について

白きものは物理武器・白き獣とゴーレムは魔法武器。とバラバラなのがかなりうざい。

防御・耐魔の両方とも優秀なユニットはそういないので、せめて攻速を高めにすることで、追撃を逃れるようにする。

 

  • 白きもの(物理)→攻速24。防御が弱いユニットは、攻速21以上にしておく。
  • 白き獣(魔法)→攻速31。耐魔が弱いユニットは、攻速28以上にしておく。
  • ゴーレム(魔法)→攻速9なのでまず追撃は出ないが、必殺率に注意。

 

ビショップやグレモリィなどの魔道士は攻速21以上、ソードマスターやドラゴンナイトなどの物理前衛は攻速28以上でターンを終えるようにする。

速さの劣るユニットは「速さの指輪」で補強するのも手。

魔獣撃破に便利なボウナイトも同様で、攻速21のラインは超えておきたいところです。

 

主な進め方

進め方自体はシンプル。

  • 左右から突撃してくる騎兵、南からのファルコン&白きものを処理。
  • 最南の青いマス(回復床)を制圧したら、東西に戦力を分ける。
  • それぞれ白き獣とゴーレムを各個撃破。
  • 敵を掃討したら、白きものをグルリと囲む体勢を作る。
  • 一斉に攻めて倒す。

 

開幕直後さえ乗り切れば、どうにかなります。

1ターン目はまず左にいるパラディンを倒した後、南からの白き獣に対して耐魔の高いユニットを並べる。

ファルコンナイトと右パラディンの範囲に被らないよう注意。

FE風花雪月最後の戦い

赤色がファルコンナイトx3の攻撃範囲。フレンとリンハルトを並べて白き獣の攻撃を受ける体勢。

マップ南からは白き獣が増援で追加されるので、南の青いマスを早急に制圧しておく必要があります。

FE風花雪月セテス

FE風花雪月最後の戦い

青マスで待機すると増援はストップ。同時に白きもの・白き獣・ゴーレムが能力強化。

南部の安全確保さえできたら、あとはゆっくり進軍するだけです。

ユニットを左右に分け、城壁の側までGO。白き獣とゴーレムを各個撃破していく。

FE風花雪月最後の戦い

 

VS敵将

「白きもの」以外の敵を一掃したら、ユニット配置を整えて攻撃開始。

FE風花雪月最後の戦い

スキル「古竜の鱗」によって被ダメージが全て半減されるので、1ターンで倒すのはまず不可能。

アーマーブレイクを無理して狙わず、強ユニットだけでチマチマ削ってもOKです。時間はかかるけどこれでも倒せる。

全員生存を目指すなら、低守備の魔道士系は攻撃に参加しないほうが安全かも。

 

ある程度HPストックを削ったら、全員で一斉攻撃かけて良いでしょう。

FE風花雪月最後の戦い

HPストックを減らすたびに追加されるスキル「祈り」「力の覚醒」「待ち伏せ」がどれもうざい。

約30%の確率で「祈り」が発動するので、ダメージ計算が狂いがちです。

「待ち伏せ」発動以降は、主人公orセテスあたりの強ユニットで削るようにしないと危険。

 

難易度ノーマルの「白きもの」はかなり倒しやすいですが、ハードだと耐久面が大幅に向上していて強いですね。

紅花の章での「白きもの」は、エーデルガルトの「狂嵐」連打で倒しきることができたので、あっちの方が楽だと言えなくもない。道中の難易度で大きく差がありますが。

FE風花雪月最後の戦い銀雪
最新情報をチェックしよう!