「計略」は強い! 指揮を鍛えておこう【FE風花雪月】

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
FE風花雪月をまだまだ絶賛プレイ中です。Peingで質問箱もやってます。

 

風花雪月を始めたばかりのうちは、

「騎士団配備とか計略とか、ややこしくてよくわからない」と感じると思います。

 

チュートリアルを見ただけだと、「……これって必要?」と感じるかもしれない。

命中もそこまで高くないし。

追撃出ないし。

回数に限りあるし。

何が便利かわからない。本当に必要なの?

 

ただ、最序盤を乗り越えると、計略が活躍する場面が一気に増えてきます。

難易度ノーマルでさえ、計略に助けられたシーンが多くあったので……ハードだとなおさらでしょうね。

 

初心者向けに、「計略」とは?について情報をまとめておきます。

 

「計略」を使う意味とは?

FE風花雪月計略

 

「動揺」状態は、次のターンまで持続します。

 

「動揺」にすることで、以下の効果が期待できます。

 

  1. 強敵を弱体化できる
  2. 攻めてきてほしくない敵を足止めできる
  3. 計略を持っている敵兵を無力化できる(これがでかい)

あと、計略で攻撃した時は、敵の反撃を受けません。これも便利。

 

では、順番に解説していきます。

 

①強敵の弱体化

「全能力が10%低下」は、超強力です。たぶん、頭でイメージするよりもずっと強い。

 

攻撃力・命中・攻速は、少し違うだけでも戦闘結果を大きく変化させます。

倒せるはずだった敵を仕留め損ねたり、受けるはずのなかった追撃を食らったりしてロスト、なんてこともあったりする。

 

FE風花雪月計略

赤くなっているステータスは、弱体化していることを表しています。

 

ステータスの高い敵兵を攻略する際には、計略が有効に働くでしょう。弱体化させてから、フルボッコ。

敵将は、守備UPの地形効果がある場所に陣取っていることも多いので、計略でステータスDOWNさせるのはやっぱり有効です。

 

計略の中には、敵を1マス動かせるものもあるので、砦に陣取っている敵将には特に便利。

 

②敵を足止めするため

FE風花雪月クロード計略

 

風花雪月には、FE覚醒・ifのような「防陣」「ダブル」がありません。(副官はあるけど)

これが何を意味しているかというと、

動けなくなった(フリーズ状態)のユニットを回収して避難させることができない、ってことです。

 

もし味方が動揺状態になると、かなり危険なのです。移動できなくなるから。

超恐ろしい。……だからこそ、こちらから仕掛ける計略もまた、強い。

 

強敵が突っ込んできて、進軍を止められそうにないときは、計略で足止めしてしまいましょう。

1ターンストップさせられれば、対処するには充分です。

後ろに逃がしてあげたいキャラを逃がしたり、止めた敵兵をボッコボコにしたり、好きなようにできます。

 

③敵の計略を未然に防ぐ

敵兵の中には騎士団を持っているユニットもいて、計略をバンバン使ってきます。

  1. 騎士団を持っていることを見逃していた
  2. 計略を食らう
  3. 移動できなくなり、弱体化。
  4. ボコボコにされてロスト

 

なんてこともあり得ます。

できる限り、敵の計略は未然に阻止するべきです。そのためにも、こちらが先に計略を命中させる必要がある。

 

動揺状態にしてしまえば、返しの相手のターンで計略を使ってくることはありません。

能力ダウンしてるので、通常攻撃もそこまで痛手にはならないでしょう。




計略の攻撃範囲について

 

慣れればどうってことないのですが、プレイしたばかりのうちは、計略の範囲がわかりづらいかと思います。

今一度、整理しておきましょう。

 

FE風花雪月計略

 

この「引込の計」で言うと、

「味方ユニットを始点に、前方2マス」が計略の攻撃範囲となります。

近接武器しか持っていないキャラであっても、こういった計略を使えば、離れた敵を攻撃できるわけです。

 

もう一個、例を出しておきます。

FE風花雪月計略

この「火計」のように、攻撃範囲がめっちゃ広い計略もあります。

合計9マスが計略範囲になっており、大量の敵を巻き込んで「動揺」させることができます。

 

範囲の計算がめんどくさいかもしれませんが、範囲をミスると悲惨なので、しっかり考えて使うようにしましょう。

 

命中が不安なら「連携計略」で。

 

計略は使用可能回数が少ないので、外したら悲惨です。天刻の拍動で無かったことにしたくなる

命中率を上げるためにも、連携計略を狙っていきましょう。命中だけでなく、威力も上がります。

(支援レベルが高いほど効果は大きい)

 

FE風花雪月連携計略

連携計略の出し方は、ふつうの連携と全く同じです。

同じ敵を攻撃可能な位置に、味方を配置すればOK。

 

味方の装備武器を切り替えるなどして、連携に参加するキャラを増やすことが大切。

 

たとえば、下の画像。

FE風花雪月計略

  • シャミア(計略発動者):弓
  • シルヴァン:手斧(射程1-2)
  • フレン:ウインド(射程1-2)
  • クロード:鉄の剣(射程1)

FE風花雪月連携計略

装備を工夫することで、連携の参加者を増やすことができました。

連携を便利に使うためにも、出撃準備では各ユニットに「近接武器」「間接武器」の両方を持たせておくのがおすすめ。

 

 

強い計略を使うには「指揮」を鍛えよ

風花雪月の戦闘は、「計略を使いこなすこと前提」でマップが組まれている印象があります。

計略に頼らないのもひとつの楽しみではあるでしょうが、ユニット単体の力だけで戦うにはきついマップも多々あります。

FE風花雪月計略

計略で戦局を良くしていくためには、「指揮」のレベルを上げて、強い騎士団を雇うのがベスト。

指揮が上がりやすいユニットは、とりあえず鍛えておいて損はありません。

FE風花雪月連携計略
最新情報をチェックしよう!