発売日間近なので、気になるポイントを整理。【FE風花雪月】

こんにちは、Spicaです。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』の発売日まであと2日です。

 

特に気になるポイントを5つに絞りました。全部挙げるとキリがないので、5つだけ。

 

①第2部の導入部分がどんな感じになるか

 

第1部・士官学校編のクライマックスで「5年後に同窓会やらない?」的な会話があることは確かですが、

では、第2部に移行する直前と、入った直後はどういった流れになっているのか?

これがすごく気になる。

 

 

②開戦のきっかけ

FE風花雪月主人公

第2部で唐突に戦争が始まるというよりは、

5年が経過する中で徐々に争いのきっかけが蓄積されていったと考えるのが妥当でしょう。

 

じゃあ、その「きっかけ」が何なのかが大いに気になるところ。

 

おそらくは「闇に蠢く者」か教会が何かしでかしたんでしょうが……。

 

三国による戦争は、他者の陰謀で仕組まれた争いであるように感じますね。なんとなく。

 

③炎帝の思惑

FE風花雪月炎帝

FE風花雪月で敵キャラ(というか、”謎の人物”)として登場している勢力は、主に2つ。

 

  • 死神騎士・炎帝
  • 「闇に蠢く者」(タレス、ソロン、クロニエ)

 

FE風花雪月タレス

「闇に蠢く者」の3人が何かヤバイことをしでかそうとしているのは間違いないとして……。

イマイチ解せないのは炎帝です。

 

炎帝は、セイロス教会に対して友好的ではありません。

 

何やら教会(教団?)は怪しげなことを企んでいるようなので、

ストーリー展開によっては炎帝が味方ポジションになる可能性もなくはない。

 

FE風花雪月クロード

 

教団の考えていることを暴く、これが風花雪月のストーリーにおいてキーポイントになりそう。

その秘密を解く中で、炎帝と死神騎士との関連性も見えてくるはず。

 

 

④ジェラルトの過去

FE風花雪月ジェラルト

 

「蒼炎の軌跡」のグレイルのように途中でお亡くなりになる予感しかしない、ジェラルトパパ。

『FE風花雪月で楽しみなこと&気になること』という記事でも触れましたが、ジェラルトの経歴にはちょっと不可解な点があります。

 

「妻はすでに他界している」という設定からして、過去に何かあったことはほぼ間違いない。

主人公の出自・過去についてもよく知っているだろうから、どの場面で語ってくれるのかが気になる。

 

⑤ディミトリ豹変の理由

FE風花雪月ディミトリ

 

この人が、

 

FE風花雪月闇ディミトリ

 

こうなった。

 

 

眼帯をしているのは、目に傷を負ったからなのか、単なるオシャレなのか。

前者だとしたら、5年間で命が関わる襲撃を受けたのだと考えられます。

 

 

ファーガス神聖王国は「騎士の国」という設定だったはずですが、騎士らしさはどこへやら。

ディミトリ個人の考えが変わったのはもちろんのこと、国の雰囲気も変わってしまったのだと思われます。

 

E3映像を見て「青獅子にする!」と決めた人は、このディミトリの変貌っぷりに惹かれたのでしょう?

3ルートの中では一番ダークっぽさがあって、いいですよね。

 

個人的にはディミトリ本人の様子よりも、「5年間で、学友たちが彼とどう接していたのか」のほうが気になったりします。

FE風花雪月闇ディミトリ
最新情報をチェックしよう!