難易度ハードはノーマルほど甘くない【攻略ポイントを紹介】

こんにちは、Spica(@spicaundrei)です。
YouTubeでFE風花雪月の動画出してます。


 

金鹿ルート(ノーマル)をクリアしたので、続いて黒鷲ルートをハードで進めています。

ハードでしばらく進めてみて思ったのは、敵の火力だったり、攻撃の量が激しいかなという点です。

 

最序盤はノーマルとハードでそんなに変わらないかな……とナメていましたが、中盤に入って「確かにちょっと難しくなったな」と感じてきました。


 

守備型ユニットの必要性が高い

 

難易度ノーマルでは、敵の火力が割と低めでした。

少しくらい被弾する覚悟で前線に突っ込んでも、どうにかなるマップが多かった。

 

しかし、ハードでは敵の火力が全体的に強化されています。

敵のダメージをいかにして減らすかの工夫や、回復魔法・アイテムのきちんとした管理が求められているように思えます。

自軍の被ダメージを減らすにあたっては、やはりアーマーナイトが有用ですね。

 

FE風花雪月アーマーナイト

物理武器を持ったユニットが敵に多くいるなら、アーマーナイトを採用すると安定。

他の兵種では守備が低いユニットであっても、アーマーにするとだいぶ守備が上がります。

「接近して戦いたいけど、守備が低いので怖い」ってユニットはアーマーにするのもアリだと思う。

 

ロード→アーマーナイトに変えるだけでも守備が+4されます。この差は大きい。

FE風花雪月エーデルガルト

FE風花雪月エーデルガルト

 

もちろん速さは落ちますが、そこは仕方ない。

追撃されたときの火力が痛いようであれば、アーマーで出撃させないのも手です。

「受ける」のか「避ける」のか、どっちで行くかを選びましょう。

 

個人スキルを忘れるな

FE風花雪月フレン

敵の攻撃が激しいだけでなく、物量も増えているので、ノーマル以上にスキルの活用が大切になってくる。

技能スキルは当然として、各ユニットの個人スキルも把握した上で用兵する必要があるでしょう。

 

他の人も同じかどうかはわかりませんが、兵種スキル・技能スキルに比べて、個人スキルはつい見落としがちだと思うのです。

難易度ノーマルだと正直、個人スキルはガン無視してもどうにかなる。たぶん。

 

被ダメージを減らしてくれる個人スキルは特に優秀。

  • フレン「可憐な花」:隣接する味方の被ダメージ-3
  • シルヴァン「女好き」:女性の味方と隣接中、被ダメージ-2、与ダメージ+2
  • レオニー「負けず嫌い」:男性の味方と隣接中、被ダメージ-2、与ダメージ+2
  • カトリーヌ「闘魂」:騎士団なしのときに被ダメージ-5

 

ドロテアの「歌姫」による回復効果、マヌエラの「医務室の主」による必殺回避ボーナスあたりも優秀です。

 

 

計略で危機を脱し、計略で好機を作れ

FE風花雪月連携計略

難易度ハードでは、騎士団を持った敵兵が増えています。

騎士団もちのユニットに近づくときは、「ここで計略を食らったらどうなるか」を考えながら進軍するべき。

 

漫然と近寄って計略を食らって動揺状態になったら、あとはボコボコにされて死亡するだけです。
敵兵が複数まとまっている状態で計略を食らうのは「超危険」なので、なんとしてでも避けたい。
そのためにも、先に計略を仕掛けることが必要になってきます。

 

計略には「射程1」「射程1-2」「射程2-3」と色々ありますが、幅広い射程の計略を揃えておいた方が安定します。色々な状況に対応できるので。

「射程1」だけだと、移動が「1」足らなくて敵に接近できなかったときに悲しい思いをします。

 

「射程1-2」は便利ですが、発動回数が一回きりのものが多く、使う場面をかなり見極めなければいけません。

 

関連記事:「計略」は強い! 指揮を鍛えておこう【FE風花雪月】

 

FE風花雪月ベレト
最新情報をチェックしよう!