【FE無双】ファイアーエムブレム無双をプレイ : 1章まで

  • 2019年3月5日
  • 2019年7月12日
  • FE無双

Nintendo Switchを買ってからというもの、ゲーム熱が再燃してハマりまくっています。

ファイアーエムブレム無双を最近購入してこれが本当に面白いので、このブログでも記事にしてみようと思います。

ファイアーエムブレム (以下FEと記載)は覚醒・if・エコーズで遊んだことがあります。どちらかといえば新参です。FE無双は既に14章まで進めているのですが、せっかくなので別のセーブデータを作って、最初からやっていきます。

どうぞお楽しみください。

初期設定など

・主人公選択

FE無双の主人公はシオン(男)、リアン(女)から選びます。双子の姉弟です。どちらも武器は剣で、杖を使用可能。

弟のシオンは脳筋で突っ走り屋。姉のリアンは比較的お淑やかで落ち着いた子。ステータスはそんなに変わらないはず。

今回はリアンでいきます。

・難易度の設定

イージー、ノーマル、ハードから選びます。初見プレイだと、ノーマルでも充分歯応えがありました。

FE無双は一度クリアした章(ステージ)も難易度変更して繰り返しプレイできるのですが、ハードにすると敵レベルが結構上がってました。

無難にノーマルでいきます。

・ゲームスタイル選択

FEでおなじみの難易度設定。HP0になったキャラは永久に使えないクラシック、次章で復活するカジュアルの2つ。

今回はクラシックで。

・プレイスタイル選択

ミッション・レベルアップなどで逐一止めてくれる「じっくり」と、テンポ重視の「サクサク」の2つがあります。

FEを何作かプレイしていて、レベルアップ成長が楽しみだったので、「じっくり」でいきます。FEならやっぱり考えてプレイしたいしね。

断章「紡がれる運命」

英雄勢揃いの壮大なムービーが流れます。たぶん終章なのかな。

一人ずつ操作キャラが増えていき、主人公たち、リアン→マルス→クロム→カムイの順に奥義を発動したら終了。

チュートリアルですね。

序章 「平和の崩壊」

双子とそのお友達(ダリオス)が仲良く遊んでいたら、城に謎の侵入者が。先に逃げているお母さんと隠し通路で合流することになりました。

で、戦闘へ。

マップはこんな感じ。脱出地点を塞いでる魔物くんを倒しに行きます。

攻撃はYボタン(普通の攻撃)とXボタン(強い攻撃)があり、Yを重ねた後にXへ繋げるのが基本。

リアンだと、YYX(強3)の連携が隙も少なく使いやすい印象です。

まぁ、序章はチュートリアル全開なので、楽勝。

戦闘後、お母さんと合流しますが天井が崩れて分断されてしまう。双子に宝物の盾を託した直後、絶叫しながら死亡(たぶん)

実は生きていて終盤にまた登場、なんて予感もしますね……。

1章「故郷をあとに」

魔物でいっぱいの城下町を脱出することになりました。

ダリオスは典型的な兄貴分ですね。

戦闘マップはこんな感じ。緑色のキャラ(友軍)は一応味方ですが、指示は出せません。

まずは門番の魔物を倒す。

魔物は物理の威力が高いですが、攻撃は単調なのでそんなに怖くありません。魔法を使えるユニットが加われば楽に倒せます。

その後、広場にいる魔物を倒すことに。

と思ったら、マップの上の方で村人(正確には町人だと思うのだが)がヘルプミーしてるのでそっちを助けにいきます。助けなかったからといって章クリアに影響は出ません。

こういう小ミッションを常にこなしていくか無視するかは自由です。

村人からお礼(あまり大したものではなかった)をもらいマップ下の魔物を撃破したら、増援出現とともにムービーへ。

マルスさん()が助けにきてくれました。一時的に使用可能になります。相変わらずボイスの演じ分けがすごい。


最後の門番魔物は硬いですが、攻撃は単調で動作も大きいので、リアンでも問題なく倒せます。

撃破するとマルスは離脱。

特に苦戦するポイントもなく、この章は終わりです。序盤に関しては難易度ハードでも良かったかもしれない。

めっちゃ面白い

別セーブデータで20時間ほど既に遊んでいるのですが、FE無双はかなり面白いです。

7月に発売されるFE風花雪月までの繋ぎで買ってみただけだったのが、良い意味で期待を裏切ってくれました。

「キャラが覚醒とifに偏ってる」とか「剣使いが多すぎる」とか批判点もいくつかあるようですが、熟考と爽快さをうまく共存させたゲームだなぁという印象です。

序盤に関してはひたすら脳筋プレーでも攻略できるんですけどね。中盤くらいから一気に難度が上がってました。本家FEの「じっくり考える」プレーも求められてますね。

最新情報をチェックしよう!