「大学サボったら親にバレるのか?」について。

僕は大学の講義をサボることはざらにありましたが、1ヶ月大胆にサボるみたいな「長期サボり」はしていませんでした。

でも中には、「もう長いこと大学行ってない。親になんて説明しようか」と悩む人もいるかと思います。

これについて僕の考えを書いていきます。

 

大学サボったのが親にバレるとどうなるだろうか

まずはこれを考えてみたい。

3パターンあると思います。

 

1:親が学費出してくれなくなるパターン

こうなったら悲惨ですね。

自分の親が厳しい性格だったら、こうなる可能性も十分にあります。

 

「通い続けたければ、バイトで学費を稼げ!」と。

まぁ、文句は言えないですよね…。

諦めてバイトするか、大学から去るか。究極の二択を迫られることになる。

 

2:叱るだけで学費は出してくれるパターン

割とこのパターンが多いと思います。

「子供に大学は出ておいて欲しい」と考えている親、多いですからね。

叱りはするけども学費は出してくれるんじゃないでしょうか。

ただ、何度もやるとどうなるかはわからない。一度怒られたら次は無いと思いましょう。

 

3:無関心パターン

これが一番怖いかも。

長期間サボったからといって特に興味を示さない。スルー。

ある意味傷つきますね。

 

そもそも、大学サボったら親にバレるのか?

こればかりは大学によると思うので、僕の出身大学における話をします。

一年が終わるタイミングで、保護者宛に「成績通知表」が送信されることになっていました。

でもこれ、入学時に選択できるんですよね。

家族に成績通知表を送付しますか?しませんか?っていう選択ができる。

 

なので「送付しない」を選べば、サボったからといってすぐ親にバレることはない。

ただ普通に考えて、前期後期が終わったら「成績どうだった?」という話になるだろうから、逃れるのは難しいでしょう。

講義をサボったからといってなんてことはない

長期間サボるのは大問題でしょうが、講義一回をサボる分には問題ないです。

それくらいで親に連絡が入ったりしません。そんなに学務も暇ではないでしょう。

なので、「明日サボりたいけど、親に叱られるかな…どうしよう」と不安になる必要はありません。

 

実家暮らしで講義をサボりたいなら、「大学行ってくる」と告げて外出して、どこかでフラフラしてればOKです。

大学生活を楽しむには、たまに講義をサボるのもアリなんですよ。

 

このブログでは度々書いてることですが。

 

【僕の例】講義サボったのがバレても平気なようにしていた

僕はサボり常習犯でしたが、親から叱られたことは特にないです。

「講義がだるいから図書館行って本読んでる」と正直に話して、堂々とサボってましたね。

 

とはいっても講義はサボるけど試験は受けて、しっかり単位はとっていました。

 

ある朝「今日は何限まであるの?」と母親から聞かれたとき、

「4限まであるけど、そのうち半分は自習するよ」と返事をしてみたり。

 

  • 講義はサボるけど、単位は落とさない
  • 自分なりに勉強しているアピールをする
  • 成績通知表はちゃんと見せる

この姿勢を出しておけば、講義サボったからといって親の反応を気にしなくて済みます。

 

結果、僕は自由気ままな大学生活を送れました。

成績通知表を隠すのだけはやめましょう。怪しまれます。

 

大学はサボりたいときにサボっていい。高校とは違う

「親にバレて叱られるのが嫌だからサボらない」というのは一見真面目なようでいて、自分の本心に嘘をついている行為です。

 

大学はサボれるんです。できる範囲でサボればいいんです。

サボらない理由が「親」って、もったいない。中高じゃないんだし、別に朝から夕まで大学にいる必要はないですよ。

 

まぁ、親に理解してもらうとサボりやすいのでおすすめですけどね。

大学をサボって、自分なりに時間を有効活用していきましょう。

 

大学生は、「就活」を早い段階から意識しておくべきです。就活は情報量&早期行動がモノを言うので、準備しておきましょう。

企業側からオファーを貰える「Offerbox」や、就活情報としてうってつけな「就活ノート」を使ってみてはいかがでしょうか。

 

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート【就活ノート】

最新情報をチェックしよう!