「あなたのためを思って言っている」は傲慢すぎるので嫌い

立場が上の人が、下の人間に向かって言う常套句が2つあリます。

  1. 「そんなんじゃ社会で通用しない」
  2. 「あなたのためを思って言ってるんだよ」

1つ目については以前記事を書きました。下に載せておくので、気になった方はご覧ください。

 

 

今回は、2つ目の「あなたのためを思って言ってる」について僕の感じるところを書いていきます。

1と2のどちらも、僕が大嫌いな言い回しです。

もし自分が、人よりも立場が上の人間になったとして、この2つの言い回しは絶対に使いたくない。
使うものかと心に決めています。

なぜかって?自分が言われた時に物凄くムカついたからです。

「あなたのためを思って言っているんだよ」この言葉は、綺麗さっぱり社会から消えて無くなって欲しい。

 

「怒っている自分」を綺麗に見せたいだけ

 

「あなたのためを思って言ってるんだよ」と言う人はただ傲慢なだけです。

 

「本当は怒りたくないんだけどね。あなたのためを思って、仕方なく”怒り”を出しているんですよ。本当に仕方なく、だからね」
「あ〜。私って素敵な人間!相手を正しく導いてあげたんだから」

本音はこんなところでしょう。

 

言った本人は快感に満ち溢れる一方で、言われた側はろくな気分になりません。

怒るなら、普通に怒ってくれた方がずっと楽ってもんです。わざわざ「あなたのためを思って……」なんて枕詞を付けなくていい。

余計な善意を傾けなくて良いんです。「ここがダメだから、直して」だけでいいじゃないですか。

 

説教してきた時点でその人は「敵」だ

 

「あなたのためを思って言ってるんだよ」には、

「私はあなたの味方ですよ。あなたにはもっと成長して欲しいから、わざわざ言ってるんだよ」

という意味があるのでしょう。

 

しかし、これは逆効果であるように感じます。

 

コミュニケーションを論じた本・ニュースなどを見ていると「正しい怒り方」みたいなのがたくさんありますが、

そもそも叱られた時点で、「叱ってきた相手は敵」と感じるのではないでしょうか?

「叱ってくるのは、あなたを大切に思っているから」……なんてのは綺麗事でしかない。本音は、ただマウントを取って威圧・屈服させたいだけだ。

 

叱りつけておきながら、味方ヅラをしないで欲しい。

叱ってきた瞬間、その人は敵と認識されておかしくないんだ。

 

出来ない人に手を差し伸べる私、カッコいい!という自己陶酔・傲慢が透けて見えますね。



 

「あなたのためを思って」なら他にも方法がある

 

怒ったり叱ったり、説教したりする時って、何かしら理由を付けますよね。

◯◯という理由で、私は怒っているんですよ。って。

「あなたのためを思って言っているんだよ」というのも、これと似ている。

 

もし本当に「あなたのためを思って言う」のなら、怒りや叱り以外にも方法はあるはずではないでしょうか?

怒鳴りつけたり、立場を利用して強い口調で相手を説き伏せたりするのは、ただ相手を屈服させたいからでしょう。

あなたのためを思っているから、じゃない。その本音を隠し、綺麗な自分を演出しているに過ぎない。

 

相手に行動の改善を求めたりしたいなら、わざわざ「あなたのためを思って……」なんて言わなくていい。

普通に言うだけでいいのでは?

直接言っても効果が薄そうなら、メールで伝えてもいいと思う。

したいのは「アドバイス」なのだから、そのアドバイスの内容を伝えさえすれば十分でしょう。

わざわざ「私はあなたの味方。だけど仕方なく怒るよ。悪いと思うな」という意思表示はしなくていい。されても鬱陶しいし、余計にストレスが溜まるだけです。

バイト先で「君のためを思って……」と何度も言われました

 

僕は、この言葉が本当に嫌いだった。

「君のためを思って、怒ってるんだよ」
「社会人になるあなたのためを思って、教えてるんだよ」

 

薄気味悪さを感じるんです。

何でこの人、自分の味方ですよってアピールをしてるんだ?

と。

仕事でミスをしたときに説教を受け、問題の発言が登場するわけです。

ただ普通に叱ってくれればいいのに、敢えて聖人君主みたいな「寛大な叱り」を演じなくていい。そんなスタイルで叱られたところで、気持ち悪いだけ。

一度だけならまぁいいか……と思っていましたが、二度目に同じような文言を言われた時、僕は心の底からその人が嫌いになりました。

「あなたのためを思って」を添えるのは、嫌われたくないから

 

多分、こういうことなんでしょうね。

 

とにかく怒るのが大好き!怒りたくてたまらない!という人はそういないわけで。

誰しも、つい怒りが出てしまった……という感じで怒っていることと思います。

怒りを見せたら仲が悪くなるんじゃないか?って誰もが恐れている。

だからこそ、「あなたのためを思って言っているんだよ」という薄ら寒い枕詞を振りかざしてくる。

 

誰もが、嫌われたくないと思って生きている。多くの人から好かれたいと思って生きているはずです。

上司であれば、部下から親しみを持って接してもらいたいでしょう。だから「あなたのためを思って」を連発したがる。

 

その動機は、よくわかります。

でも言われた側からすると、やっぱりこれは気持ち悪い。できれば使って欲しくない。

立場が上の人間が、下の人間に向かって説教をする。
どうやっても、部下は上司を「敵」と感じ続けるでしょう。何しろ、評価されている側なんだから。

 

怒りの理由となった事柄だけを、シンプルに伝える。余計な味方アピール・気遣いはいらない。

これが最も上手い「叱り方」ではないでしょうか?

最新情報をチェックしよう!